ただいま出張中

2016年12月27日 (火)

2016年の感謝をこめて

 今年も1年をふりかえる頃となったのですね。

お変わりありませんか。
私は…
 今年1月から2月にかけて、研究休暇を利用して北米の自助グループ、
アルコール依存症回復のための施設を訪ねることを許されました。
 カリフォルニア州にあるベティフォードセンターは、ご存じのように
アルコールを含む物質依存を克服した大統領夫人の名を冠した施設です。
高額な施設利用料もさることながら、随所に圧倒的な寄付金社会の力が感じられ、
依存症の人々を取り巻く環境の差を感じました。
 ここでお昼をいただきましたが、定食になっているとはいえ
メイン(お肉、お魚など)の選択肢があること、栄養のバランス・お味、
サラダバーにカロリー別デザート、何をとっても素晴らしく、
同様の施設が日本に誕生するのはいつ頃になるのかと複雑な気分でした。
 もう一つひっそりとした小さな施設を訪ねることができました。
最悪の状態を脱した女性が過ごすHouse of Hope(希望の家)です。
普通の一戸建てのお家で、管理者のもと8人ほどが共同生活。
清潔で心地よくベティフォードセンターに勝るとも劣らない環境が用意されています。
どちらの施設にも言いっぱなし・聞きっぱなしのコミュニケーションの時間があるのですから。
 
  社会復帰を目指すみなさまの中間的な場、日本にもこういった施設が各地に
広がることを期待しています(断酒会のみなさんの運営によるグループホームや
作業所も応援しています、力がなくて申しわけありませんが)。
 ○○○の自助グループでは、2003年以来お世話になっているCさんに再会。
新しい方も加わって、色々お話しくださいました。まさかの日本の大学関係者らの
乱暴な調査の話が出て本当に残念でした。
 2月の東北大学(宮城県断酒会のセミナー)に始まり、今年も各地のイベントで
お世話になりました。3月の岡山(虹の会)でも全国のみなさまにお目にかかることが
できました。
 6月の「北海道アメシストの集い」(札幌)ではワークショップスタイルで
お話しさせていただいたところ、来年(旭川)も続編?の講師として
お招きいただくことになりました。JR旭川駅の木のにおい、楽しみです。
 
 8月には北海道の砂川市で講演…の予定だったのですが、
大雨による土砂災害により10月に延期、砂川市など6市からの
行政のみなさまを中心に拙い話をさせていただきました。
災害とアルコールは仲良し(よくない意味で)。やはり復興を目指す地域の
みなさまのお酒が気になります(熊本・大分、そして東日本大震災の
被災者のみなさまもまだまだ「酒害」と向き合っていらっしゃいます)。
 11月には久しぶりに東京の本部例会へ。○○の断酒会員の方(Aさん)が
東京へ転勤、とは伺っていたのですが、その方が晴れやかな舞台で断酒1年の表彰!
スピーチ途中、客席で手を振る私に気づいてくださって、「○○○…?」(笑)
酒なし忘年会では「酒乱やみ五人男」(東京断酒新生会恒例)を演じられるそうです。
東京のみなさんがAさんの断酒を心から喜ばれているのがわかり胸があつくなりました。Aさんもとってもうれしそうでした。
 12月は香川県高松市へ。全国大会です。前日行事の日、駅前から会場まで、
虹の会(身障酒害者の会)の方、アメシストのお二人とご一緒しました。
車中の1時間強があっという間でした。途中、おうどんもご一緒しました
(これはちょっとはずれだったかもしれません、調査不足でした)。
 もちろん今年も5月には家族会、7月には断酒会のみなさまが
「社会問題としての飲酒」の講義室へ。
遠隔受講の北見工業大学の学生さんたちもモニター画面を通して質問してくれました。
 さて、今年、断酒会関係で一番うれしかったことは何かと問われたら…。
『お酒を手にした未成年のあなたへ―断酒会会員と家族からの手紙』の一通目
「五島列島福江島の手紙」を読んでくださった愛知県・福岡県のみなさまが、
7月、この手紙のNさんを福江島にお訪ねくださったことでしょうか。
 実はこのNさんにこのご計画を伝えようと2か月間何度も何度も電話をしたのですが
出られない―どうなることやらと思い悩んでいたのですが、
それでも旅に出る断酒会員のみなさま―なんと住所を頼りにNさんのご自宅まで!
大きい声でお名前を呼んでも出てこられない、悲しいことに、Nさん、お耳が
ほとんど聴こえなくなっていたのだそうです(だから電話に出られなかった)。
Nさん、どんなにか喜ばれたでしょう。みなさま、ありがとうございました。
 そればかりか、別の島(中通島)に断酒会を離れてしまった方もおたずねくださいました。また福江島と中通島を訪ねる約束をしてこられたそうです。その場合はぜひ日曜日か
第三金曜日に。毎週日曜日、Nさんはカトリック福江教会の礼拝が始まる1時間以上前から
お祈りの席に静かに座っていらっしゃいます。第三金曜日の午後1時からは五島保健所、
もちろん例会です。
  断酒会についてあまりいい話が聴こえてこない今日この頃、各地で断酒会を
必要としている人々のために、いつでも「そこにある」、誰にとっても居心地のいい
コミュニケーションの場であってほしいと思います。
 年末年始、大みそかも元旦も各地の断酒会のドアが開かれています。デパートの
元旦営業は大反対、断酒会の開放は大賛成です
(ただし、訪ねる方も迎える方も、年末年始はご家族と、あるいはお独りで過ごす方も、
それはそれ。どうぞご無理はなさらないでください)。
  2017年もどこかでお会いしましょう。                               
 
  2016年の感謝をこめて

2016年3月12日 (土)

虹の会 健常者って誰?

岡山。
4回目の虹の会。

虹の会とは「身障酒害者」と自らを呼ぶ人の会。
ここに来るたびに私は「健常者って誰だろう」と思う。

例えば精神が100パーセント健康っていう人が
いるだろうか。

痩せた?とか太った!とか、何回言われたことか。
それ、セクハラ!って言ったら、ここにはそんな概念ないよ、だって。
うーん、まあ、身体のこと、精神のこと、みんなでありのままにって。

障がいーこの表現についても、まあ、書くまでもないか。
香川のFさんと滋賀のNさんがいらしててびっくり!

ここに来て会えてうれしい人たちはいるのだけれど、
うれしくないことが一つ。

喫煙者が多くて入り口の喫煙スペースじゃなくても
なんだか頭がぼんやりしてくるのだ。
3時間が限界。

宿に戻ったら着ていたセーターもジーパンもタバコのにおい(泣)。
こうなることを見込んですぐお洗濯できるものを身につけて行ったから
よかったものの、やっぱり頭がクラクラ。

年に一度でよかった(わあ、ごめんなさいっ!)。
でも、ちょっと考えてほしい。

仙台のIさんと小牧のSさんがご入院中だとか。
おだいじに。
来年は会えますように。

2016年2月16日 (火)

写真、ご覧になりたい方はどーぞ(3 ちっちゃいこたち)

Img_3710<仕事の合間ですよ 3>

アメリカのとある地域の日本語教会で
遊んだちっちゃい子たちです。
これ、牧師さんの大きなデスクにあいてる
穴。
なぜかこの穴を通して戦いが始まって・・・

この穴に手を入れたら、パクっと、本当に
パクっと、指4本にかみつかれて
身動きがとれなくなって、
しばらくそのままでした・・・。

そして、机の中というか下で私と戦っていた彼らは・・・
(うちわで押さえているのがデスク下の穴です)

振り向いたら私が後ろにいたからもうびっくり!(笑)
ふふん。私に勝つなんて100年はやいよん。

 今度会うときはいくつくらいになっているんだろう。
前はいなかったものね、この世に。



Img_3711


Img_3712

写真、ご覧になりたい方はどーぞ(2 オポッサムの庭)

Img_3726<仕事の合間ですよ 2>

カリフォルニア州のパームスプリングス側、
アメリカのお母さんであり、友人のキャロルの家。週末に三晩滞在。

庭には夜になるとオポッサムが出てきます。
キッチンの窓から撮った写真です。

ここ、最初は賃貸だったのですが、あまりに
住み心地がいいので買ったというもの。
いいな、そういうシステム。

 

猫は2匹。犬のフリーダが今はいない(泣)。
写真立てはスティーブンとステファニーの今。
大きくなりました。前は小さかったのに・・・
双子です。とってもいい子たち、今は素敵な人たち。
会いに来てくれました。
それぞれの家族を連れて。
わー(泣)お互いいろいろあったね、ね、ね。
この写真、とてもいい写真で写真立てごと撮影。

人嫌いのシルバー(猫)。
幸い嫌われなかったので追いかけたり
おどかしたりしたら、キャロルに叱られました。

Img_3742
すみません・・・。

Img_3746

写真、ご覧になりたい方はどーぞ(1 オートミールの朝ご飯)

Img_3744<仕事の合間ですよ 1>

この刺し子のコースター、
藍染の布に蝶のね、
私が19歳のときに縫ったものです。

まだ使ってくれていてびっくり。
ありがとう!

残り4枚もありました。
今も刺し子好きです。また縫う!

ざくろも。近くのタイの方から。
食べやすいようにつぶつぶだけ!
こんないただき方はじめてでした。
甘くておいしかったこと。
ありがとうございました!

下は、オートミールと桃の朝ご飯。
私のはミルクで煮ただけ。
おいしいオーツ麦だったらそれだけで十分。
(食べてみたいな、と思ったら、お塩ひとつまみ、お砂糖テーブルスプーン1杯くらいで
始めてみてくださいね)血圧を下げるなど、身体にいいんですよ。ビタミンも豊富。
私のひいおじいさんも食べていたそうです。

奥に映っているのはバナナナッツブレッド。
しつこくなくておいしい。バターなしでOK。

ミルクは最近低脂肪のものが多いけどおいしくない!
写真はもちろんおいしいミルクです。
あと、オレンジジュースとコーヒー。
けっこうつつましいでしょ?でもね、ひとつひとつ、二人でじっくり選んだものです。

Img_3724_3

2016年2月13日 (土)

宮城県のセミナーで

宮城県の断酒会のセミナーで思ったこと。

このセミナーでお隣にかけていらっしゃった女性と話した。

まだ仮設住宅にいらっしゃるのだとか。

なんどか「くじ」を引いて今回やっと希望の場所にある
復興住宅に移られるそうだ。

うれしそうにおっしゃったけれど、これまでのストレスはいかばかりだっただろう。
もちろん、これからもまた大変なんじゃないか。

仙台滞在中の新聞やテレビで東日本大震災はまだ終わっていないことを
実感する。逆にいえば、ここに来ないとついつい忘れがちになるということ。
私って勝手。

2016年2月12日 (金)

新しい出会いはいつも楽しい(いつもだといいな、か)

被災地で行われる数少ない断酒会イベント、宮城県断酒会による
市民セミナー@東北大学、行ってきました。
なつかしいみなさん、お世話になりました。

行ったら、30分話すことになっていて!
結局プログラムがおして約20分お話ししました。
私、時間はきっかりと守ります。

で、申しわけないけど、イベントのことは書くのやめて、その帰りのこと。

さくらホールの出入り口で、私の前にいらした男性がつまずいて
「ああっ」と声を出してしまった私。なんかその男性のつまずきを
見たことがわかって悪いかなあと思って・・・
「あっのー、大学を出て町のほうに行くには・・・」と続けた。

そうしたところ、その方が、「一緒に行きましょう」と。

私の話を聞いてくださったお一人だった。
県内のいなかのほうの病院の院長さん。

なんだかこの人、とても気さくで、おもしろくて、やさしくて、驚き!
だって、アーケードに入って、「お茶飲みますか」とおっしゃるから
「夕食の予定があるので、それまでなら」と応じると、なんとなんと、
お茶屋さんの試飲コーナーでした。笑っちゃうでしょう?!

試飲したのは100g1,000円のお茶でおいしかったです。
うちはこのお茶飲んでます、だって。
「お金持ちですね」と言うと、「これが?」と驚かれた。
そこで、私が普段「お番茶」を飲んでいることを話したら
「ほうじ番茶?」と聞かれたので、「いいえ、ちがいます」と
説明をした・・・質問を受けながら長々と。

次に「おいしいお豆食べましょ」とまた試食(笑)。

ある「最中」のお店を指して、知ってますか?と。
私、「はい、まずいですよね」とやっちゃった。
「そんなことありませんよ」と店に連れて行かれて
これがおいしいからと二種類の最中を買ってくださった・・・。

スタバに行ってみたいとおっしゃって、おつきあい。
それでも話しやすいというか、本当に楽しくて、
重い人生相談はできないけど、二つの人間関係について相談をしてしまった・・・。
悩んでるというよりも、本当にわからないんですよ!と。

ずっとニコニコ聞いてくださって、私はついに、
「お医者さんでそんな人、めずらしくないですか?」と聞いてみたら
「患者さんからもよく言われます」って・・・(おもしろいでしょう?)

で、やっぱり、「医者と弁護士は『先生』と言われてかんちがいする」と。
そうなんですね。「教員もですよ」と。そうでしょう、そうでしょう。

あの、さっき、50床の小さな病院の院長っておっしゃったけど、
なんでそんなに謙遜なさるんですか?小さくもなんでもないでしょう?
と聞いてみた。

そこから色々病院のことも教えていただいて、興味深かった。
私、はじめて、病院と診療所の違いを知りました!
診療所、田舎だから診療所っていうんだと思っていたら
ベッドがないからですって!
(すみません、こんなこと知らないの私だけだったのかも)
診療所をばかにしているとかじゃないですよ、親戚が無医村で
診療所をやっていて、その話からなんかそう思いこんじゃっていました。

ああ、楽しかった。こんな出会い、私の場合、けっこうあるんだなあ!
なんかきっとまた会えるような気がする。

買ってもらった最中はやっぱりまずかった(ごめんなさい)。
おいしい最中を食べていただきたい!そしてガーンときてほしい。

ちょっとムカッとしたのは、私がアメリカで定価10,000円の
コーヒースクープ(ひいたコーヒー豆を一杯分はかるスプーン)を
400円で買ったと言ったら、信じてくれなかったこと。
これはなんとかして証明しなければ!

2016年1月26日 (火)

「善人さん」から

21日のこと。
ホノルルからソルトレイクシティーへのフライト。
午後10時発のフライト、ラウンジで待とうと思ったら、国内線のラウンジないって!
知らなかったー!そういえばホノルルから国内線、乗ったことなかった。

夕ご飯食べて、珍しく(これ、ホントです)アイスクリーム食べようかなあと
Coldstoneの前で考えていたら、お母さんと女の子。
アイスクリーム、アイスクリームってもう大変。
お先にどうぞ、って言って、引き続き考えていたら、
なんと、なんと、
女の子が私のことを、She is so cute! って、なんていい子なの!
ホントですよ!だって、cuteって言ってくれてありがとう!って言ったから。
いえ、日本語の「かわいい!」とはちょっと違うので安心してください。

で、お母さんとごにょごにょ。

なんと、お母さんが、
アイスクリーム、ご馳走しますって!
あちこちで知らない人にまでお世話になっている私ではあるけれど、
これは、いくらなんでも。

ところが、クーポンを持ってるからって、聞き入れてくれないー
あの、Coldstoneのアイスクリームって安くないのです。
二つのフレーバーを選んで10ドルほど。1,100円以上。

あきらめて、ご馳走していただくことになったけど、
ポストカードくらい、送らせて、とお願いして
住所なんかを教えてもらうことにした。

ただのアイスクリームなのにと、親子して笑いっぱなし。

そしたら、なんと、お名前が、Goodさん。
日本語にしたら、善人さんってこと?

驚いて、だからこんなことしてくれるの?って聞いたら、また笑って。
そんなにおかしいの?

結局、pineapple coconut sherbetとsweet creamをいただきました。

カナダはブリティッシュコロンビアから来られたそうだけど、
かわいそうに5時間くらいの遅れが出たらしい。

ソルトレイクシティーに着いて、オンタリオまでのフライトのゲートへ。
無事、乗り換えゲートに着いたのねって、貴方どなたですか?
ホノルルのゲートで私が色々質問していたのを聞いていたんだって。

オンタリオまで長かった。
オンタリオでは19歳のときから知ってるキャロルが待ってくれていて。
アイスクリームの話などをしたら、別にめずらしくないですって。
お礼は書くのよって、書きますよ。早速、お母さん風。
家に着いたら、アリゾナのお姉さんに電話。

mは、日本の大雪にもアメリカの大雪にも影響されずに到着よ!
なんでも自慢。でも、確かに私、飛行機運とか船運だけはいい。

『一握の砂』は入院中に

日記がわりに、メモがわりに、いろいろ書いていたのですが、
4日ぶりにネットが使えるようになったらちょっといろいろうまくいきません。
後でまとめて公開にきりかえられる、かな。

それでもネット上の記事やブログが読めます。4日おいただけで新鮮。

ネットから離れた分、生きている人と触れ合い、長い夜を過ごしました。

19歳のときにお世話になったアメリカの知人宅にいたのです。
彼女、PCに疲れて数年前にインターネットに別れを告げたそうです。

ご主人(いやな言葉ですが、便宜上)との離婚、教員としての経験、退職後の生活。
お便りや電話でのやりとりはあったけれど、目の前にすべてがよみがえりました。
ご主人も大好きだったんだけどな、お亡くなりになりました。

日曜日には初めて会ったときは11歳だった双子の男女がそれぞれの家族を連れて
会いに来てくれました。男の子は再婚相手を連れて、女の子は子供を連れて。
この双子、おとなしくて恥ずかしがり、いつも静かににこにこだったのですが、
昔どおりの気遣いとやさしさ、今、手にしている幸せが本当にうれしそうで
私にとってもそれが大きな喜びになりました。

私にしてはめずらしくハグにしっかり応じました。小さな頃を知ってるって特別です。
そして実はみんながそれぞれの悲しみを経てきたこともあって、ハグをしながら
涙と鼻水。女の子、今はもう女の子じゃありませんね、彼女も一緒に泣き出して。

それぞれが暮らす街に帰って行きました。

さて、まとまりのない話になっていますが、今いる地域には、ある、回復のための
施設がいくつかあり、そこを訪ねることが今回の旅の目的の一つです。
たまたま、知人がその近くに引っ越してきていたということなのです。

で、タイトルと全然関係ないことを書き綴ってしまいましたが、
知人との長く緩やかな夜、ある歌をもとに、「雪あかり」の話をした翌日に、
移動してきたホテルで、やっとインターネットにつながった、と思って、色々みていたら、
ちょっと知ってる人が、まさに、その歌のことにふれていたので、
ものすごくびっくりしたという話。
ただの偶然といえばそれまでだけど。こんな偶然、普通は黙っているのでしょうか。
私は、聞いて、聞いて!と思ってしまう。
まあもうよくわからないので書こう。

啄木の『一握の砂』ー
13歳のとき右脚骨折で入院中、母が買ってきてくれた一冊でした。

そのときは、まさか、その後、北海道に来て初めての冬に思い出すことになる歌だとか、
あまり考えずに退屈しのぎに読んだものですが、面白いものです。

昔会った11歳の双子が、後年、別の感動を与えてくれるなんて思わなかったような
感じでしょうか。
言葉や人との出会いの意味が後から追いかけてきてくれるような。
まあ、偶然なのでしょうけど。

そういえば、この双子に初めて会ったとき、お母さん(知人)に、
「子どもさんたち、お母さん似ですね」なんて言ってしまったところ、
「そう?養子なんだけど」といわれて、あわあわしたものです。
今は、お母さんはアイルランド系、双子はスカンジナビア系とはっきりわかるけど
こんなふうに、色々考えさせられることがたくさん始まった出会いの一つです。

昔はプールがある大きいおうちだったけど、今、ちょっと小さなおうちなので
(でも、ゲストルームはある)お互い窮屈になるかなと思って4日めからはホテルを
予約していたのですが、なんか、昔みたいにお弁当を持たせてくれました。

ザクロと桃とバナナナッツブレッド。写真撮ったけど今アップできない。
明日の朝、迎えに来るとか。なんか悪かったかなー。でも一人もうれしいし。

2016年1月22日 (金)

12年ぶりに

成田を出発して、えーっと5日目、
某国、某地の自助グループのおせわをされているCさんらと再会。
日本語での集まりを長年守っていらっしゃるーいつまでも続けてほしい。
こんなお話を伺いました、とは、もちろんいえないし、書けない、書かない。

しかし、これからも積極的に発言していきたい、こう思って、
そのようにお伝えしてきたことがある。

日本の教育・研究関係者のみなさん、論文書く大学院生はじめ学生さんたち、
それから、医療関係のみなさん、
最近も書いたけど、いわゆるソーシャルワーカーさんたち、
全員じゃないとは前置きしたいんだけど、
「私は『いいこと、特に弱い人のためになることをしている』っていうアピール」
「私はあなたのみかたよっていうアピール」
やめませんか。

それを理由に他人の痛みを聞き出して、自分の業績にできる、
自分の専門としてアピールできるって大間違い。

結局は自分のためでしょう。

日本からのそんな依頼に心を痛めていらっしゃる方も多い。

日本国内でもそんなケースはやまとあり、そう思っていたところに、ここまで・・・。
しかも、出てくる地域名や大学名が東京と私がいるところ。
他地域の福祉関係の方とお目にかかって違いを感じていただけに愕然としている。
地域や組織にこんな姿勢が広がってしまったのか。

なんだかなあ。

待ち合わせの場所が、ある教会。
いつものことですが、歩きましたとも。バスも使います。
お釣りくれないので準備に必死。

ちょっと早めについたところ、バイブルクラス中。

時間まで3人のちっちゃいこと、はいはいができるようになったばかりの赤ちゃんと。
赤ちゃん、走り回る動物のような子たちの中で大丈夫?とドギマギ。
ああ、シャツの袖と胸がよだれでじっとり(^_^)。

5歳くらいのやんちゃ坊主、
左手の指4本、3分くらいくわえられてたんだけど、かみついていたのか?
はなそうとしてもはなれない、きみ、すっぽん?
なめてもいたよね。
お祈りの時間だったので静かになされるがまま。
ねらってたな。なんで美味しいってわかったの?

より以前の記事一覧