« オバマさん、広島へ | トップページ | No, I will not go. »

2016年5月30日 (月)

『レッド』で学びました

文化庁の何やら受賞作品とか。

『レッド』を読みました。

漫画です。

漫画にもよりますが、私、漫画でけっこう勉強してきました。

坂本龍馬周辺とか、完全に漫画。

で、『レッド』で何を勉強したかというと

70年前後の大学生たちの共産主義化。
山岳ベース事件。

事実に即しているとかで、

それぞれの登場人物に

「○日後に死亡」とか「○日後に逮捕」とかがこれでもかとついてきます。

全8巻のうち6巻くらいまではまだよかったんですが
リンチってこういうものかと・・・。

みんなもともとはごく普通の、いえ、たぶん普通よりまじめな人たち。

今まで、○○事件とか、名称だけを知っていたけれど、
この当時の大学生たちの事件、具体的にはわからなかったんです。
今、60代半ばくらいの方々・・・いわゆる市民グループでご活躍の
このくらいのお年のみなさまがたと重なります。

いや~。うわ~。私の感想はいろいろあるのですが、
なぜ、ここまでたくさんの他人を一度に信じることができたんだろう、これ、です。
いや、私も信じては騙されるってこと、ありますが、
こんなに人生というか命をかけてすぐに多数の仲間というものを
信じることができるだろうか。十代の頃でもできなかったんじゃないかな、
と思いました。2~3人だったらまだしも。

全8巻とあるのに、終わった感がしないストーリー。
続編があって、それが「あさま山荘事件」へと続きます。

« オバマさん、広島へ | トップページ | No, I will not go. »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1969349/65758481

この記事へのトラックバック一覧です: 『レッド』で学びました:

« オバマさん、広島へ | トップページ | No, I will not go. »