« 私の視点 : 若者と薬物 飲酒に甘い社会が入り口に | トップページ | 宮城県のセミナーで »

2016年2月12日 (金)

新しい出会いはいつも楽しい(いつもだといいな、か)

被災地で行われる数少ない断酒会イベント、宮城県断酒会による
市民セミナー@東北大学、行ってきました。
なつかしいみなさん、お世話になりました。

行ったら、30分話すことになっていて!
結局プログラムがおして約20分お話ししました。
私、時間はきっかりと守ります。

で、申しわけないけど、イベントのことは書くのやめて、その帰りのこと。

さくらホールの出入り口で、私の前にいらした男性がつまずいて
「ああっ」と声を出してしまった私。なんかその男性のつまずきを
見たことがわかって悪いかなあと思って・・・
「あっのー、大学を出て町のほうに行くには・・・」と続けた。

そうしたところ、その方が、「一緒に行きましょう」と。

私の話を聞いてくださったお一人だった。
県内のいなかのほうの病院の院長さん。

なんだかこの人、とても気さくで、おもしろくて、やさしくて、驚き!
だって、アーケードに入って、「お茶飲みますか」とおっしゃるから
「夕食の予定があるので、それまでなら」と応じると、なんとなんと、
お茶屋さんの試飲コーナーでした。笑っちゃうでしょう?!

試飲したのは100g1,000円のお茶でおいしかったです。
うちはこのお茶飲んでます、だって。
「お金持ちですね」と言うと、「これが?」と驚かれた。
そこで、私が普段「お番茶」を飲んでいることを話したら
「ほうじ番茶?」と聞かれたので、「いいえ、ちがいます」と
説明をした・・・質問を受けながら長々と。

次に「おいしいお豆食べましょ」とまた試食(笑)。

ある「最中」のお店を指して、知ってますか?と。
私、「はい、まずいですよね」とやっちゃった。
「そんなことありませんよ」と店に連れて行かれて
これがおいしいからと二種類の最中を買ってくださった・・・。

スタバに行ってみたいとおっしゃって、おつきあい。
それでも話しやすいというか、本当に楽しくて、
重い人生相談はできないけど、二つの人間関係について相談をしてしまった・・・。
悩んでるというよりも、本当にわからないんですよ!と。

ずっとニコニコ聞いてくださって、私はついに、
「お医者さんでそんな人、めずらしくないですか?」と聞いてみたら
「患者さんからもよく言われます」って・・・(おもしろいでしょう?)

で、やっぱり、「医者と弁護士は『先生』と言われてかんちがいする」と。
そうなんですね。「教員もですよ」と。そうでしょう、そうでしょう。

あの、さっき、50床の小さな病院の院長っておっしゃったけど、
なんでそんなに謙遜なさるんですか?小さくもなんでもないでしょう?
と聞いてみた。

そこから色々病院のことも教えていただいて、興味深かった。
私、はじめて、病院と診療所の違いを知りました!
診療所、田舎だから診療所っていうんだと思っていたら
ベッドがないからですって!
(すみません、こんなこと知らないの私だけだったのかも)
診療所をばかにしているとかじゃないですよ、親戚が無医村で
診療所をやっていて、その話からなんかそう思いこんじゃっていました。

ああ、楽しかった。こんな出会い、私の場合、けっこうあるんだなあ!
なんかきっとまた会えるような気がする。

買ってもらった最中はやっぱりまずかった(ごめんなさい)。
おいしい最中を食べていただきたい!そしてガーンときてほしい。

ちょっとムカッとしたのは、私がアメリカで定価10,000円の
コーヒースクープ(ひいたコーヒー豆を一杯分はかるスプーン)を
400円で買ったと言ったら、信じてくれなかったこと。
これはなんとかして証明しなければ!

« 私の視点 : 若者と薬物 飲酒に甘い社会が入り口に | トップページ | 宮城県のセミナーで »

ただいま出張中」カテゴリの記事

断酒会」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1969349/63917912

この記事へのトラックバック一覧です: 新しい出会いはいつも楽しい(いつもだといいな、か):

« 私の視点 : 若者と薬物 飲酒に甘い社会が入り口に | トップページ | 宮城県のセミナーで »