« 司法試験漏えい事件に思う | トップページ | 「私は、ずっと無学だった」 »

2015年12月26日 (土)

三人の先生

もう12月も残り数日です。
この地に来て何年になるかなあと考えています。

パーフェクト、完全な人はいないにしても、
いいお医者さん
いい歯医者さん
ついでにいい呼吸器科の先生
このような先生たちにつながったことは
けっこう幸せなことなのかもしれません。

お医者さん、もう何年前でしょう、ある日曜日の当番医だったから
お世話になったのですが、私でも知っている薬でも
毎回、お薬の事典で確認なさいます。
とてもご高齢の方なのですが、知ってる看護師さんいわく

「若い医者だから新しい医療を知っているとはいえない、
年齢に関係なく勉強を続けている医者を見つけること」

なるほどね!そうします。

歯医者さん、○大の歯学部の先生が治療に通う小さな歯科医院。
歯医者さん選びってとても神経を使いませんか?
私がこの地に住み続けたい理由のひとつがこの歯医者さん、
それほど信頼しているし、大好きな歯医者さんです。
待ち時間ほぼなし。ここで待つの苦にならないのに!

このお二人、お願いですから、長生きしてください、と言いたいのですが。
そのまま言えばなんとなく失礼ですよね。
「あなた、おじいさんですよ」って感じで。
ま、私だっていつ死ぬかわからないんですから。

呼吸器科の先生、とってもいい出会いでした。
でも、
「先生、ちょっとした風邪でも先生のところに来ていいですか?」
と聞いたら、「ダメ」と即答。
うう、聞くんじゃなかった。

私、子供の頃から医師に対して何か横着です。
いつもお世話になっていた医師との関係が影響しているのでしょう。
完全に「おじちゃん先生」という感じでした(血はつながってません)。
ずいぶんあとになってからですよ、会う医師が横着に
感じられるようになったのは
(横着じゃない医師の方もいらっしゃいます)。

三人の先生方、「本もの」だと思います。
診察室に伺うことに何のプレッシャーも感じませんし、
「あの先生に会えばもう大丈夫」だと
私が思っているのですから。

« 司法試験漏えい事件に思う | トップページ | 「私は、ずっと無学だった」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1969349/62778375

この記事へのトラックバック一覧です: 三人の先生:

« 司法試験漏えい事件に思う | トップページ | 「私は、ずっと無学だった」 »