« DVの勉強会(の打ち合わせ) | トップページ | 「食べたことない」と言ったら驚かれた »

2015年8月 7日 (金)

エクセレント・ティーチャーズ、ですって。

たしか5年ぶり?
私の名前がエクセレント・ティーチャーズにあがっていました。

http://educate.academic.hokudai.ac.jp/center/enquete/enquete_et26.pdf

たしか、4回目か5回目です。
でも、毎年、同じように、いえ、前年度よりもよりよく!って感じで
力を注いでいるんですよ、こう見えても。
それでも選ばれる年と選ばれない年があります。
開講時間帯とか曜日も大きいんじゃないかな?と思っています。
ほら、お腹がすいてる時間帯の授業の教員なんて学生さんたちの敵でしょう。

今回選ばれた講義題目は「人生相談の英語: アメリカの悩み、読んだり聞いたり」
70年代のアメリカ社会に暮らす人々の実際の人生相談を読んでいます。

同僚の喫煙に悩む人、家族の問題飲酒に悩む人、
大学でよい成績をとるためには? 恋や結婚、ご近所の問題・・・
「歯医者は医者か」っていうのもありましたし、
養育権に悩む父親、障がいのあるお子さんの母親・・・
時代変わっても、ところ変わっても、誰かの悩みは私の悩み。

受講者はこのような悩みの一つひとつに寄り添いました。

これに対して私は一つの人生相談の背後にある、当時の
アメリカ社会を読み解くキーワードを紹介することにしています。

受講者は担当の人生相談について関連の情報を持ち寄ってくれます。
出典も忘れずに。この出典、インターネットばかりと思いきや、
図書館の本10冊なんてつわものも。

なんだか、エクセレントなのはティーチャーじゃなくて、受講者って話。

学生の授業アンケートで選出されるエクセレント・ティーチャーズ、
とてもありがたいと思うのですが、実は、一科目、まだエクセレントと
認められたことがないものがあるのです。
そうです、それが「社会問題としての飲酒」・・・うーん、ものすごおく
力を注いでいるつもりなんだけど(注ぎすぎ?)。

いや、受講後すぐに評価してくれなくても、
10年後、20年後、ポケットの中にある講義内容を取り出してくれたら
いいなあ。そうそう、それが目的でした、評価じゃなくて、それ。

« DVの勉強会(の打ち合わせ) | トップページ | 「食べたことない」と言ったら驚かれた »

『お酒を手にした未成年のあなたへ―断酒会会員と家族からの手紙』」カテゴリの記事

断酒会」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

社会問題としての飲酒」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1969349/61074876

この記事へのトラックバック一覧です: エクセレント・ティーチャーズ、ですって。:

« DVの勉強会(の打ち合わせ) | トップページ | 「食べたことない」と言ったら驚かれた »