« 「まさかの時」 | トップページ | 同じ感覚! »

2015年8月23日 (日)

クラスあげての縄跳びって・・・

たまたまですが、今日、観たくないものを観てしまいました。

クラスあげての縄跳びで記録を狙うテレビ番組の時間。
あれ、本当に全員やりたくてしょうがなくてやっているのでしょうか?
楽しい?(「楽しくない」って言えないよね)

私は子どものとき何も考えることなく縄跳びなどを楽しんで終わったのですが
テレビ画面の子どもたちを観ていると、ミスしてしまった子どもさんの涙とか
本当に苦手。大会の帰り道とか、その日の夜とか、翌日の教室とか
どんな気持ちかなあと考えてしまうのです。

これも同調圧力、ないとは言えないでしょう。
ただ、楽しみでやっているのであれば「あ、失敗しちゃった」で終わるのに。

せっかくみんなで心を合せてやっているのに、ひねくれた見方しないで!ですか?
お気を悪くされたらごめんなさい。好悪の問題なのでしょう。

他にも、あの二人三脚の応用、30人31脚とか、もう拒絶反応です。
全員が同じ力で、同じ歩幅で、同じ調子でって、どうかなあ。
二人三脚までだと思う。誰かと協力してっていうのは。
自分とは違う誰かと歩調を合わせるのは悪くないと思います。
でも、一人増えて、三人四脚になると、まんなかの人、けがする危険が増します。
不自然なことをやっているということを思い出さないと。

子どもの何を育てようとしているのか、私にはわかりません。

身体を動かすの楽しい、誰かと力を合わせて遊ぶのうれしい、
道具を使って・・・楽しい、
こんなレベルでやめてくれたら、と思います。

まあ、こんな見方もあるということで。

« 「まさかの時」 | トップページ | 同じ感覚! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1969349/61298799

この記事へのトラックバック一覧です: クラスあげての縄跳びって・・・:

« 「まさかの時」 | トップページ | 同じ感覚! »