« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

2015年8月31日 (月)

8月終わる。

もう8月末日だよ!
小学生のとき翌日が楽しみでたまらなかったり、嫌だったり(7:3くらい)。
学校に行けないということは考えなかったからのんきなものだったんだろう
(幼稚園にはしばらく行かなくなったことがあった、深刻な理由ではなかったけれど)。
未成年の自殺が多いのが夏休みの終わり、新学期前なんて悲しすぎる。

今月は・・・

*よくなかったこと*

また一人、ごあいさつのできない働くおとなを知った。
なぜ会ってもあいさつしなくて平気なんだろう。
他人のあいさつを平気で無視できるんだろう。
プロ・・・1円でもお金をもらっていたら、ご勤務先の「顔」として
最低限の挨拶はしてほしい(返してほしい)・・・もう不思議で不思議て。

世間話なんて求めないのに(私も世間話は人を選んでしまいますよ)。
こんな人、たま~にいらっしゃる。
こんな人に限って特定の人(上司とか)とは必要以上におしゃべり。
しかもただの挨拶を挨拶以上に曲解される場合もあるから要注意。
この人女性だから、もし私が男性だったら、「私に気がある」なんてことになるのかな。
あ・り・ま・せ・ん。
でもあいさつはやめたくない。今度から声に出さずに会釈のみにしよう。

今月、外食を一度もしなかった。お野菜たっぷりのお弁当を一度買っただけ。
月に3回は「多いな」と感じるのだけど、月に1~2回は外でおいしいものを
楽しんで気分転換、が理想。1,000円前後のおいしいランチでじゅうぶんなのですが。
あ、知人とデザートとお茶は楽しんだのでした。
まあ、「ウチご飯」が充実していたということ。確かにそうでした。

もう、これは、我ながらもう本当にがっかりしたんだけど、ある日、
帯広に行くのを忘れていたことに気付いた。
当日JRのチケットを買おうとしたのが間違いのもと。
ホテルもどうしようかなあと思って予約もしていなかった。
なんだか今年の8月は少しゆっくりできるなあ・・・と思ってのんびりしていたらこんなことに。
何の役割もなかったからでしょう。あったら大変!それ忘れることは絶対ないけど。

*よかったこと*

けっこうたくさん。

とある会議がなかった・・・。

とある係にあたらないことがわかった・・・。

前半の仕事が特にすいすいすすんだ。

成績評価の問い合わせがゼロだった・・・(奇跡?!)。

山梨県のO先生からとってもうれしいお便りとご本2冊。
お目にかかったことがないけど、いい方だと思う。お訪ねしたいと
去年から言ってるけど、なんとかならないかな。
山梨、行ったことありません。行ってみたい!
いい人はいい人だ・・・ってあたりまえだけど、とってもうれしかった。

老人ホームに入った親戚のおばあさんが私が送った靴がはきやすいって!
そうでしょう、そうでしょう、靴って大切ですよ。
でも、今回送ったのはお部屋着とタオルハンカチでした???
それにしても毎回毛筆のお便り、墨からすって!真似できません。
文字はよそいきなのに、書かれている内容がそのままSおばちゃんの話し言葉で
かわいい!

お世話になっている人兼元気を出してほしい人にオートミールを食生活に
取り入れては?と提案したら、すぐに試してくださって(うれしい!)。
しかも気にいってくださって(たぶん)。
ただ、こんな提案、ご本人はもちろん、周囲の近しい親しいみなさんが
気になさらない程度にしないと。「あれも」「これも」と思ってしまうのだけど控えめに。
でも私だって元気になっていただきたいんだから。
誰かの心や身体が少しでも元気になるのであれば、
そんなチャンネルは多くてもいいと思います。

術後の身体のチクチク・モヤモヤの原因が解明されて、ますます元気になりつつある。
普段はそんなこと忘れて動いていたんだけど。たぶん今からもっと元気に。

他にも色々・・・書きませんが、とにかくここ10年で一番心穏やかな
時間が多い夏でした。9月はまた雑用の締め切りが待っている・・・けれど
前半まではこのペースでのんびりゆっくりしよう。
9月後半行けたら東京(久しぶり!行けるかな、行きたいけど、どうだろう・・・)、
そして札幌に来られる方とゆっくりお話しできるのも楽しみ。ご飯も。

2015年8月26日 (水)

オートミールを常備しましょう

オートミール・・・ご存知ですよね?
とは言っても、たまにご存じない方がいらして「え?もったいなー い」と
心の中で叫びます。

私はクッキーなんかに入れては
「身体にいい、お腹にやさしいクッキー」なんていって
悪者扱いされてるクッキーを正当化しているのですが。

前にクラスで紹介してみたところ、「嘔吐ミール?」という反応が
ありましたが、そんなわけないでしょう!おろかもの!
とまでは言えませんでした。
いやあ、もう、それ聞いてしばらく食べられなくなりました。

オートミールがどんなに身体にいいか検索してみてください。

自宅にも職場にも常備しています。
忙しい人には特におすすめ。
本当はお鍋で煮たほうが美味しいのですが
お水1カップ、オーツ1/2カップくらい、
大きめのボール(丼でOK)に入れて電子レンジで2分、
牛乳1カップくらい注ぎます(それでも温かい)。
温かい食事ってうれしいですよね。
ほんのひとつまみお塩(いいお塩)を
入れるとオーツ麦本来の滋味が引き立ちます、
と思います。

お好みで、お砂糖(白いお砂糖だめですよ)、ナッツ、シナモンなどを
入れて。

私は何でも薄々、ゆるゆるが好きなのでお水多めにします。

自宅には札幌の工場で作られている缶入り日食オーツを、
職場にはクェーカーオーツのパックを置いています。

「オートミールが好き」とおばあちゃんの妹(来月90歳)に言ったら
「お父さんも好きだった」とか。つまり私の曽祖父。
生きていたら今120-130歳くらいの人。
もちろん、会ったことないけど。
遺伝?のはずないけれど、ちょっとびっくりしました。
そんな昔から国内でも売られていたんですね。
今では当たり前のようにスーパーに並んでいます。

赤ちゃん(離乳食)からご高齢の方まで、
ご病気の方にもおかゆがわりに、
けっこういいんじゃないかと思います。
スープじゃないからけっこう噛んだりもしますし。

2015年8月23日 (日)

同じ感覚!

何が同じ感覚かって、テレビに出てきた人たちの
「他者」への好感とか、そんなことについて。
スポーツ選手とかバイオリニストとか色んな人たち、まあ女性でした・・・。

男性に対して好感を抱く場合、まあ、色々ですが、

heart01やさしいヤンキーheart01

私もです。
これ、ホント、なぜだか心ひかれます。
よかった、私だけじゃなくって。
いえ、恋愛感情っていうのとは違いますよ。
怖そ~なヤンキーっぽい人が、ご高齢の方の荷物をもってあげたり、
電車内で席を譲ったり、そんなシーン観るのは大好き!
ヤンキーっぽい、もちろん限度はありますが。
逆にいかにも感じのよさそうな人がそんなことできないのは好感度ダウン。
ギャップが好きなんだろうか?

女性に対して嫌悪感に近いものを抱く場合の一つが

heart03冬なのに布地少なめ女heart03

いやあ、これも同感。私も、嫌悪までいかないけど、違和感。
胸元とか、お腹(ウエスト?)、太もも・・・不必要に目立たせてる格好の女性、
ど、ど、どういう感覚?同性でも、同性だから、目のやり場に困る!
夏でも驚くほど露出度が高かったり、薄々の人に「え~っ」と思うのに、
冬だったら「風邪ひきたいの?」「上着かしたげようか?」です。
特にお腹なんかは夏でも「腹巻推奨派」の私としては
そこまでして得られるものってそんなに価値のあるものなの?
こんなの見せられて喜ぶ人ってちょっと・・・。

まあ、あと、死語のような気がしますが(まだ生きているのか)
メールで使う「ぶりっこ言葉」とか・・・悶絶、勉強になりました。
恥ずかしすぎてここに書けない私です。

ところで、このような感覚を話している人たちは
「せっかち」つながりで集められた人でした。

「ふーん、そこまでせっかちなの?」と笑いながら聞いていた
「せっかちエピソード」の数々ですが・・・
髪の毛を乾かすのにドライヤーを使わず
10分くらい自然乾燥したままで寝る・・・
私もです・・・。
これ、せっかちだったのか。

クラスあげての縄跳びって・・・

たまたまですが、今日、観たくないものを観てしまいました。

クラスあげての縄跳びで記録を狙うテレビ番組の時間。
あれ、本当に全員やりたくてしょうがなくてやっているのでしょうか?
楽しい?(「楽しくない」って言えないよね)

私は子どものとき何も考えることなく縄跳びなどを楽しんで終わったのですが
テレビ画面の子どもたちを観ていると、ミスしてしまった子どもさんの涙とか
本当に苦手。大会の帰り道とか、その日の夜とか、翌日の教室とか
どんな気持ちかなあと考えてしまうのです。

これも同調圧力、ないとは言えないでしょう。
ただ、楽しみでやっているのであれば「あ、失敗しちゃった」で終わるのに。

せっかくみんなで心を合せてやっているのに、ひねくれた見方しないで!ですか?
お気を悪くされたらごめんなさい。好悪の問題なのでしょう。

他にも、あの二人三脚の応用、30人31脚とか、もう拒絶反応です。
全員が同じ力で、同じ歩幅で、同じ調子でって、どうかなあ。
二人三脚までだと思う。誰かと協力してっていうのは。
自分とは違う誰かと歩調を合わせるのは悪くないと思います。
でも、一人増えて、三人四脚になると、まんなかの人、けがする危険が増します。
不自然なことをやっているということを思い出さないと。

子どもの何を育てようとしているのか、私にはわかりません。

身体を動かすの楽しい、誰かと力を合わせて遊ぶのうれしい、
道具を使って・・・楽しい、
こんなレベルでやめてくれたら、と思います。

まあ、こんな見方もあるということで。

2015年8月22日 (土)

「まさかの時」

A friend in need is a friend indeed.
<危急の際の友こそ誠の友である>
まさかの時の友こそ真の友

・・・って、英語の教科書で読んだって人も多いでしょう。
でも、この、「まさか」ってどういうとき?

私にとっては胸に刺さっていることわざ、なのに、どうしたらいいかわからない。
友じゃなくても、友と思われていなくても、
「まさかの時」って見極めるのがとてもむずかしいと思いませんか。

声をかけることで私が恥ずかしい思いをするくらいならいいのですが、
この「まさかの時」に何かすることを躊躇して、
その間、知ってる人がとんでもないことになっていたら
とんでもなく大きい後悔が待っていそうです。
「不作為の罪」を犯すのが怖いのだと思います。

たとえば自殺、今では自死との言いかえも多く見られます。

自殺って、ご本人には、もうどうしようもないものも多いかと思うのですが、
何か「誰かの一言」で考え直したりしてもらえることもあるんじゃないかなあ・・・と
思ったり、一方で、こんなこと、身近な人が自殺したばかりの方々の前では
とても言えません。周囲の人は「あのとき何か一言かけておけば」と
思っていらっしゃるにちがいありません。

大切な人が自死を選択したーその人へのサポートもとても大切なのだと
思います。そのような人たちも「まさか〇〇が自殺するとは・・・」という思いから
逃げられない日々を過ごされていると思うから。

大切な人の自死ではなくても
誰かを失うということ

ー生きていれば誰でも喪失感の一つや二つ抱えることになるのかも
しれないけれど、一瞬でもその重たい荷物を支えるお手伝いを
したいものです、すごく難しいことだけど。
メインじゃなくて脇役でも、エキストラでも。
エキストラのエキストラでも。
そんなときは、躊躇という言葉は忘れて。
まあ、別に、友かどうかっていうことも忘れて。

2015年8月21日 (金)

めぐちゃんバッグ

めぐちゃん(推定学年小3)
わー、なんということでしょう、色々こんがらがって
小3か小4かわからなくなりました。たぶんまだ小3、大きい小3。

まあ、とにかく、めぐちゃんに縫った通学用手提げバッグお送りしました。

裏地は、お母さん(みっちゃん、みそんさん 推定年齢本当に推定できない)の
好きな色、緑色の葉っぱ柄です。ポケットも大きいものと、なんと携帯電話用を
つけときました。肩からかけられるショルダーバッグにしました。
洗濯機で丸洗い可。丈夫で長持ちします。

お母さんの病気をなおすお医者さんになりたいそうです。
私もこんな子ほしい。

Img_3450


Img_3453_2





Img_3452_2

2015年8月20日 (木)

温泉は・・・

温泉は・・・何度誘われても、ちょっと困る。
温泉は好きですよ。温泉街の散歩はいつも楽しい。
でも、日頃、衣類を身につけて会っている人と一緒に
衣類を身につけないでお湯につかってるって
ものすごく違和感がある。

「あなた日本人?」

とドイツから来られた女性に言われたけど
(すみません、温泉へのお誘いを断ったのです)
日本人だってお風呂屋さんきらいっていう人もいるはず。
私、お風呂屋さん、好きですよ、知らない人ばっかりだし。
露天風呂も好きですよ。
お部屋に露天風呂がついているところのほうがいいけど。

もう「温泉行こう」なんて言われる季節になったんだなあ。
まだ8月なのに。

10~11月の旅先に断酒会の方も同行してくださる方向でご検討中。
その際、今年オープンのホテルに宿泊予定だけど、なんと
最上階に大浴場と露天風呂がある!素晴らしいらしい。
でも・・・。

まあ、旅先での最大の楽しみは、ゆっくりのんびり気分での
おしゃべりと、おいしいものではないでしょうか。

ご参考までに、
ゴルフ・・・きらいです。
テニス・・・きらいです。
スキー・・・もういや(っていうほどスキーしてないけど)
歩くスキー・・・60分くらいなら。90分以上は無理。
散歩・・・いくらでもOK

2015年8月15日 (土)

戦争で幸せになる人なんていますか?

子どもの頃から、「戦後〇年」って言ってるけれど、
戦後なんて、ないほうがよかったけれど、
このまま70、71、72年・・・100年と続いてほしい。

戦争に「大義」なんてない。
http://blogos.com/article/128270/

「聖戦」なんてない。

今も終わらない戦後に苦しむ人がいる。
もっともっとそのような人たちの声に耳を傾けるべき。

今日は、頭部からお顔全体の傷で、耳は形も残らず
マスクも眼鏡もかからないという男性がテレビに。
「この顔で70年生きられますか」と問われた。

先日は、戦時下の心の傷でいまだに精神科に
入院されている方々の存在を知った。

戦争で幸せになる人なんていますか?

↓これ、もう一回。こんな唄が生まれることがないように。

http://www.hokudai.ac.jp/bureau/populi/edition28/p15.pdf

2015年8月11日 (火)

「食べたことない」と言ったら驚かれた

ケン〇ッキーフライドチキン 
これ、本当に、食べたこと「ない」です。
小さい子どもさんがいるご家庭での集まりでは
人気だそうですが・・・。

ここのコールスロー(サラダ)は食べたことあります。

マク〇ナルドのハンバーガーも
食べたのは、生まれてから4~5回?おつきあいで。

ラーメン、みなさんよく食べるなあと思います。
1,2年に1度くらい食べたくなる程度。
一風堂はおいしいと思う。

「ごちそうするわよ」と会うたびに言ってくださる素敵な人がいて、
次に出てくるのが、「何がいい?お寿司?ステーキ?」
食べたいんだろうなあ・・・言ってる本人が。smile

実は、お寿司が食べたくてたまらない!とか
ステーキ食べさせて!なんて、思ったことがないのです。

レストラン、居酒屋さん、ファストフードのお店なんかが
並んでいる道を歩きながら、行きたいところって
あんまりないよねえ、と言いながら、とあるソフトクリーム・・・。

2015年8月 7日 (金)

エクセレント・ティーチャーズ、ですって。

たしか5年ぶり?
私の名前がエクセレント・ティーチャーズにあがっていました。

http://educate.academic.hokudai.ac.jp/center/enquete/enquete_et26.pdf

たしか、4回目か5回目です。
でも、毎年、同じように、いえ、前年度よりもよりよく!って感じで
力を注いでいるんですよ、こう見えても。
それでも選ばれる年と選ばれない年があります。
開講時間帯とか曜日も大きいんじゃないかな?と思っています。
ほら、お腹がすいてる時間帯の授業の教員なんて学生さんたちの敵でしょう。

今回選ばれた講義題目は「人生相談の英語: アメリカの悩み、読んだり聞いたり」
70年代のアメリカ社会に暮らす人々の実際の人生相談を読んでいます。

同僚の喫煙に悩む人、家族の問題飲酒に悩む人、
大学でよい成績をとるためには? 恋や結婚、ご近所の問題・・・
「歯医者は医者か」っていうのもありましたし、
養育権に悩む父親、障がいのあるお子さんの母親・・・
時代変わっても、ところ変わっても、誰かの悩みは私の悩み。

受講者はこのような悩みの一つひとつに寄り添いました。

これに対して私は一つの人生相談の背後にある、当時の
アメリカ社会を読み解くキーワードを紹介することにしています。

受講者は担当の人生相談について関連の情報を持ち寄ってくれます。
出典も忘れずに。この出典、インターネットばかりと思いきや、
図書館の本10冊なんてつわものも。

なんだか、エクセレントなのはティーチャーじゃなくて、受講者って話。

学生の授業アンケートで選出されるエクセレント・ティーチャーズ、
とてもありがたいと思うのですが、実は、一科目、まだエクセレントと
認められたことがないものがあるのです。
そうです、それが「社会問題としての飲酒」・・・うーん、ものすごおく
力を注いでいるつもりなんだけど(注ぎすぎ?)。

いや、受講後すぐに評価してくれなくても、
10年後、20年後、ポケットの中にある講義内容を取り出してくれたら
いいなあ。そうそう、それが目的でした、評価じゃなくて、それ。

2015年8月 2日 (日)

DVの勉強会(の打ち合わせ)

今日は中央区民センターでDVの勉強会(の打ち合わせ)でした。
11月に札幌の断酒会のイベントでご講演いただくIさん(弁護士さん)、
事前に情報収集に来てくださったのです。
私も後学のために同席させていただくことになりました。

13時からの家族会、Iさんと私は14:30過ぎにお邪魔しました。
「DVといえば私」(これもなんだか・・・)という方に体験談をお聞かせいただきました。

うーん・・・。もちろん内容は書きません。

その後、家族会のお世話係のKさんとIさんと私で
さらに打ち合わせ、そして用意したお野菜たっぷりのお弁当・・・。

うちから持っていった杏仁豆腐の表面がボロボロ、悲しい。
白いものをみれば赤いものを入れたくなって
さくらんぼとクコの実を入れてみましたが、これが失敗。
工夫して入れてみたアーモンドオイルその他が効いてない、失敗。

インスタントなのに美味しいはずのお味噌汁
・・・お湯がぬるくて(泣きたい)おいしくなくなってて失敗。

「うちのアイスコーヒー、うすくてお茶みたいなんですけど」と
言って出したアイスコーヒー、本当にお茶で失敗(バカ?)。

なぜか、失敗ばかりでしたが、
お弁当をいただきながら、色々お話しできて
心のカタルシスというかなんというか
いつのまにか普段話さないようなことが口からポロポロ出てきて。
たぶん色々話してくださった家族のみなさんの影響でしょう。

・・・11月のご講演、とても楽しみ!

2015年8月 1日 (土)

支配って…

「支配」という言葉をいくつかの辞書で調べたけどどうもピンとこない。
一番「これかなあ」と思えたのが「コトバンク」の「支配」

個人ないし集団が他の個人ないし集団を自己の意思,命令,行動に服従させることをいう。支配には少くとも暴力,利害関係,説得の3つの契機が介在している。全面的な物理的強制手段による支配は恐怖による権力関係の持続にすぎず,最も不安定である。

私は、幸いなことに、身体的な暴力の支配を受けたことがない、と思う。

しかし、誰かの意思には絶えず誘導されてきたのだなあ、と思う。
このことに気付いたら気付いたで、ちょっと苦しむことになるのかもしれない。

一方、ぎりぎりのところでは、私のご主人様は、いつも私自身だったようにも思う。

誰かの誘導にのっかり続けて、流され続けることはどこか楽なのかもしれないけれど、
「六の宮の姫君」を怖い怖い怖いと思った十代の頃を思い起こせば
やっぱり私は私の思いのままに、と思ったりする。

支配するのも、支配されるのも、怖いっ!

明日はDVについて勉強する。
なんか知ってるつもりになってたことの一つです。

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »