« 賢者の贈り物 | トップページ | 高いものを買うということ »

2015年7月 7日 (火)

今年も断酒会の方が「社会問題としての飲酒」の講義室に

1年のうち、こんなに緊張する日が何日くらいあるでしょうか。
今年も「社会問題としての飲酒」の講義室に断酒会の方に
来ていただきました。

仲良しのNさん(男性)とMさん(女性)。
お二人とも具体的な幻覚の話をしてくださるのですが
このような体験談はそう多くないようです。

なぜ?

とMさんに伺ったところ、Mさんの場合は最初に出た例会が
そうだったから、ということ。
旭川の相川病院の卒業生です(こういう表現になります)。
そういえば、卒業生の方、文字通り、ご自身の体験を
「掘り下げる」を実践していらっしゃいます。

終わってからの夕ご飯が楽しかった!

Nさん、Mさん、家族会のKさん、市内のIさん、私の5人で
「ひな野」に行きました。全国チェーンなので、どこにでも
あるところだけど、夕方~夜でも「お酒なし」で楽しめるのが
いいですね。

とにかくほっとしています。
毎年この日の夜はぐったり、でも心地よい疲労感です。

« 賢者の贈り物 | トップページ | 高いものを買うということ »

『お酒を手にした未成年のあなたへ―断酒会会員と家族からの手紙』」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

断酒会」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

社会問題としての飲酒」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1969349/60656225

この記事へのトラックバック一覧です: 今年も断酒会の方が「社会問題としての飲酒」の講義室に:

« 賢者の贈り物 | トップページ | 高いものを買うということ »