« 宵っ張りのメールから | トップページ | 今年も断酒会の方が「社会問題としての飲酒」の講義室に »

2015年6月14日 (日)

賢者の贈り物

私の髪の毛が12年前と同じくらいに伸びています。
といっても、このブログを読んでくださる人で
昔の私を知る人ってどれくらいいるんだろうか。

周囲から「短いほうがまだいい」「長いと暗い」とか
さんざんなことまで言われていますが・・・。
まあ、そのうち、乾かすのが面倒になって、
切るときには切りますから。

私の髪の毛を切る人、それはもう何年も「私」です。

それは美容院で美容師さんとおしゃれな会話を
するのが苦手だという発見があり、始まりました。

ええっ!と驚かれることもあるのですが、
だって、どんなに有名な美容院に行っても
その晩、髪の毛を洗って乾いたら、もういつもの私のですし。

さて、同僚の髪の毛がすごく伸びていることに気が付きました。
伸びましたね!と話しかけてみたところ、
髪の毛の寄付を考えているとか。いいですね、私もやりたい!
それでも長さ30cmからなのだそうです。これは無理。

そんなことを話しているうちに、大好きなお話の一つ、
『賢者の贈り物』を思い出しました。
登場するお二人、私の永遠の憧れです。
絵本、今でも大切に持っているんですよ!

どんな話なのかご存じない方、それ、すごく損しています。
短編なので、すぐ読めます、どうぞ読んでみてください。

http://www.aozora.gr.jp/cards/000097/card536.html
(青空文庫で読めます、「賢者の贈り物」)

このお話そのものが贈りものです。

« 宵っ張りのメールから | トップページ | 今年も断酒会の方が「社会問題としての飲酒」の講義室に »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1969349/60380148

この記事へのトラックバック一覧です: 賢者の贈り物:

« 宵っ張りのメールから | トップページ | 今年も断酒会の方が「社会問題としての飲酒」の講義室に »