« 大分の「心の広場」へ | トップページ | 「アル法」成立後、さらに強く思うこと »

2015年3月19日 (木)

何も、誰も、出過ぎていない映画でしたー『くちびるに歌を』

やっと『くちびるに歌を』を観に行ってきました。
映画館なんて何年ぶりだったのでしょうか。

感想はーまず、タイトルの通りです。
例えば、監督の技量とか、脚本の力とか、役者たちとか、
何にも、誰も、「私のいいところを見せつけよう」としていない映画です。
だから、歌がきれい、涙がきれい、五島列島の海も緑(鬼岳)もきれい、
かくれキリシタンの方々が造った教会のステンドグラスも控えめなものを
選んであってきれい、実はこんな映画って、ものすごく貴重です。

自閉症の兄の演技も話題になっていますが、それを強調することなく、
一人の人間を演じるに留めているところこそが素晴らしい。

ひとつわかったことがありました。スタッフのみなさんと役者さんたち、
とても五島列島を大切に思われていること。自然や文化遺産が彼らに
味方したような映画に仕上がっています。映画館で観てよかった!

小説のほうには出てくるのですが、スタジオジブリの背景画で
知られている山本二三(にぞう)さん、福江島のご出身です。
特徴ある「二三雲(にぞうぐも)」など、ジブリの映画独特の雲など
多くを魅了する自然は、二三さんが子供の頃から親しまれた
五島のそれだと言われています。

さて、ストーリーですが、人は誰でも「そこにいる」ことこそに意味があるんだ、
「存在してもいいのだ」というシンプルなメッセージに心打たれます。
でも、それが強調されることもなくてーこれは観客の想像力を求める映画かも。
私自身、観客の一人としてまだまだ想像が行き届かない部分があると
思われるので、また観たいと思います。

私が映画を観た日には、中学生(高校生かな?)の男の子の二人組、
ご高齢のご夫婦、お母さま方、おくさまがた、15歳という年齢を経験した
様々な方がいらっしゃいました。

小説と違ってナズナとサトルの二人にスポットがあたった内容になっていますが
ナズナの涙やサトルの手紙を全員で共有しているような空間になりました。

さて、「五島列島福江島からの手紙ー『夢でよかった』」も
同じ五島列島が舞台です、小説ではないけれど。
ぜひご一読ください。
『お酒を手にした未成年のあなたへー断酒会会員と家族からの手紙ー』
の「一通め」です。

« 大分の「心の広場」へ | トップページ | 「アル法」成立後、さらに強く思うこと »

『お酒を手にした未成年のあなたへ―断酒会会員と家族からの手紙』」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1969349/59333763

この記事へのトラックバック一覧です: 何も、誰も、出過ぎていない映画でしたー『くちびるに歌を』:

« 大分の「心の広場」へ | トップページ | 「アル法」成立後、さらに強く思うこと »