« 持つべきものは友 | トップページ | 見えない加害者 »

2015年2月26日 (木)

おもしろかった『徒歩7分』

以前、この時間帯のドラマがまあまあおもしろくて
録画を続けていた。
全然おもしろそうじゃないなあ、で始まった
『徒歩7分』…終わってなんだか寂しい気分。
そう、視聴者はこのドラマのどこかに登場している
気分になっていたのではないか?(私はどうもそうみたい)

ネットで感想をみてみたら、まさかの高評価。

女優の田中さん、失礼ながらあまり魅力を感じたこと
なかったんだけど、今回はよかったなあ。
これ、代表作にしたらいい。

最終回にちょっと不満が残ったが、続編への期待を
残すという作戦なのかな?

時々メモしたくなるような台詞があった。

たとえば「未来」の意味。未来は未来のはずなのに、
明日になってみなければわからないことなのに、
私たちは過去の経験からの想定を未来だと
思い込んでいることがある…って全然言葉が
違っているけど、だいたいそんなふうなことを言っていて、
「あ、ホントだ」と思った―ああ、本当にメモしとけばよかった。

« 持つべきものは友 | トップページ | 見えない加害者 »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1969349/59106635

この記事へのトラックバック一覧です: おもしろかった『徒歩7分』:

« 持つべきものは友 | トップページ | 見えない加害者 »