« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014年11月29日 (土)

今日は何の日?

昨夜、寝る前に突然気付きました。
イオンのバースデー割引の有効期限があと2日であることに。
むっくり起きだして、バースデー割引の葉書を確保。
テーブルの上に「ジャスコ(イオン)に行くこと!」という
真っ黒・太字メモを残して再びベッドへ。

そして今日、桑園(そうえん)のジャスコまでてくてく。
空っぽのバックパックをしょって。
何でも1割引きなのです。これがけっこう大きい。

ここ数年、毎年11月のとある1日にバースデー割引で
まとめて冬物靴下とか下着を買っています。
長靴も。札幌ではスノーブーツもいいのですが、
雪がとけたら水たまりもけっこうできるので私は長靴派。

実は私はこうみえても(?)見えないところに身につけるものにこそ
こだわります。けっこういいものを身につけていた今よりもっと若い頃。
最近はいいもの・・・の基準がちょっと変わり・・・というよりも
身体に直接ふれるものは良質の綿100%のものを中心に選びます。

そしていつも長時間チェックしてしまうのが…「腹巻」!!!
冷え性の友人はお布団に入っても朝まで身体が冷たいのだとか。
「え~っ! ○○○みたい!」(自粛)
もちろん彼女にも腹巻の着用をおすすめしました。

かっこ悪い!なんて思うなかれ!
朝、お腹ポカポカで気持ちよく目覚めることのどこがかっこ悪いの?
今はボディーウォーマーなんて名前で出始めたそうですが
私は腹巻もやっぱり綿。気持ちいいです。

話はお買い物に戻って・・・衣料品などのお買い物が終わったら
食料品売り場へ。
バターやクリームチーズなど、少しでも安くなると助かるものをカゴに入れて・・・
最後にお肉のコーナーをめざしました。
なぜかって?

今日は11月29日、「いい肉の日」なのです!
小学生の頃、近所の市場のお肉やさんに行くのが楽しみだったなあ!
いえ、別にお肉を楽しみにしていたわけではなくて、
「いい肉の日」の看板をみるのが楽しみで。
(私は昔から言葉に数字を、数字に意味をあてるのが好きなのです。)

ジャスコのお肉売り場の人、今日が何の日か知らなかったみたい。

2014年11月28日 (金)

「群馬大:教授パワハラ謝罪 『再発防止を』 」 を読んで

群馬大:教授パワハラ謝罪 「再発防止を」 /群馬  
群馬大の40代男性教授が部下の教員5人にパワーハラスメントや暴言を繰り返したとして懲戒解雇された問題で、大学側は20日、県庁で記者会見し、「再発防止に努めたい」と謝罪した。最初のハラスメント相談後、被害者との接触を禁止する「緊急対応」まで1年半以上かかっており、この間に2人が退職に追い込まれていた。

・・・これ、今日11月28日の毎日新聞のサイトのニュースから。

この記事を読んだ方の多くが
「群馬大学ってなんてひどい大学なんだろう!」と思われるのかもしれません。

何がひどいのでしょうか。

こんなことをする人がいたというのもひどい。
同時にこんなことを知りながら即座に対応しなかった
責任ある立場の人々もひどい。
対応しないこと、つまり放置もハラスメントです。

被害者のみなさまは大変お気の毒だと思います。
すでに退職した方々には遡って、環境改善が約束された職場への
復帰の道を提案してもいいのではないでしょうか。
もちろん、心情的にそれが無理な場合の代替案も。

しかし、ひどいのは加害者と対応すべき責任ある立場にあったものたち
だけでしょうか。

問題を知りつつ、傍観していた人たちはいなかったのでしょうか。
そのような人たちのことを「消極的加害者」というのだそうです。
http://www.naah.jp/の「ガイドライン」、とても勉強になります。

そしてこんな記事が、同様の問題が起こっても
「隠蔽」することが「リスクマネージメント」だという
誤った考えのもとに被害者救済を行わない大学人たちへの
注意喚起につながればよいと願うのは私だけではないでしょう。

こんな事実が報道されるということは
群馬大学は少なくとも問題を問題として認め
それを公表しているということです。

実はそんな大学はそう多くない、かもしれません。

被害者のみなさんが受けた心の傷は
謝罪や問題の公表があった後も消えることはありません。
謝罪や問題の公表がない環境でとても「しんどい」思いを
なさっている方もまだまだ多い、のではないでしょうか。

最近、スーパーグローバル大学などの認定が行われたようです。
各大学の「倫理観」にもスーパーグローバルな基準が必要だと
思う今日この頃です。
流行の大学ランキング、「不祥事隠蔽」や「ハラスメントの件数」で
やってみたらいいかもしれません。
「件数」とすると「認定件数」は操作可能なので、
被害者からの訴えの件数で。
学外に独立した教育機関の相談窓口を設置すべきでしょうね。

2014年11月21日 (金)

手稲に行ってきました!

手稲・・・テイネと読みます。

札幌に来て10年余り、実は札幌市内のこと、
中心部から少しでも離れるとわからなくなります。

JR札幌駅の隣の「桑園」(そうえん)にはイオンがあったり、
北大の牛や羊がいたりで、けっこう縁があるのですが。

「区間快速いしかりライナー」という電車で二駅。
JR札幌駅を少し離れると北海道だなあと思う風景が広がります。

小さな川を二つわたって
小高い丘や山を眺めて
あ、JRAも見えました。
心が解放される感じでした。

しかし、行き先の手稲、手稲駅は想像よりもとても大きくて
びっくり。無人駅に近いのかなあと思っていたのに。

…とある用事を済ませて…

帰りに手稲駅隣接の「西友」に遊びにいきました。
私がまあまあ好きな(まあまあですよ、まあまあ)
パン屋さんが入っていてうれしかったです、モンタボー。
クリームパンと食パン(しずく、6枚切り)を買いました。
(あれっ?昔、もっとおいしかったような…)

本日の夕ご飯は「たっぷり柚子胡椒が入った肉うどん」と
クリームパン、そしてスターバックスコーヒー(パイクプレイスロースト)
でした(朝と昼にお野菜三昧だったのでいいんです、これで)。

ああ、楽しかった!心も胃腸も満足。

2014年11月14日 (金)

さそり座の女

最近、誕生日をむかえました。
誕生日は公開してはいけない個人情報のひとつらしいので
最近、ということで。

星座や血液型なんぞで他人様の性格なんかを決めつけるのが
好きな人もまだまだ多いのだと聞きますが、
あれ、よくないですね~。あるネイティブアメリカンの集団は
全員同じ血液型、もちろん全員同じ性格だってことはないでしょう。

星座・・・そうなんです、最近ってことは「さそり座」なんです。
あの、インパクトが強い「そうよ、私はさそり座の女♪」は
私も知っています。

まあ、それはどうでもいいんですが、
25歳を1年生きて、26歳の誕生日をむかえた日、
バラの花束が五つ届いたのをピークに
(これ、ホントです!)
プレゼントは減少傾向。

Macchi_present




届いたのは:
ハム・ソーセージ・ベーコンセット(大叔母)
スターバックス オリガミコーヒーセット(大叔母)
かわいい包装なのに開けたらお茶漬けセット(高校時代の友)
紅茶セット
ポストイットのセット
などなど・・・みごとに消えてなくなるものたち。
・・・でも、まあ、それが恩にきせないプレゼントの極意。

Origami_coffee_2




最後にゆうパックが届いて・・・
と思ったら私が注文した湯葉きれはし大袋入り…。

今日の夕ご飯は、ソーセージと湯葉とわかめのお味噌汁でした。
今からスターバックスの紙パックコーヒーでも飲みます…。

あーっ、そういえば・・・誕生日に欠かさなかったお赤飯…
去年もシカゴにいて食べなかったし、今年も忘れてた!
週末に食べますdelicious

そうそう、上のバラの花束、誰からだったかなーと思い出していたら…
今では疎遠になった親戚から一つと
アルバイト先で知り合った生徒さん(女性)と
…もう、すっかり忘れてしまいました。
はるか昔のことです。
小さなキッチンに花束を並べて撮った
写真がどこかにあったはず!と
探しています。

2014年11月 9日 (日)

羽生さん、おだいじに…

大変なケガの直後も大会で滑ること・・・
なぜ周囲のスタッフはとめなかったのだろうか。
そのようなことができてこそ、一流のスタッフ。
そしてそれを受け入れることができてこそ一流のアスリート、
そうであってほしい。

「羽生さんだって、あのとき、こんな状況でがんばったんだから」
という悪しき前例にならなければいいが。

スポーツ選手のがんばりを否定するわけではないが
そのがんばりを「休むべきときには休む」というほうに
使ってほしい。
スタッフのみなさんには「休ませるときを知る」というほうに
使ってほしい。

小さい頃からの教育が必要なのではないかな、と思う。

2014年11月 2日 (日)

秋の連合例会&研修会、その後「斉藤ファーム」へ

11/1は札幌市西区民センターで
NPO法人札幌連合断酒会
秋の連合例会&研修会。

研修会の講師を担当しました。
講演タイトルは講義題目と同じ
「社会問題としての飲酒」
今回も一部参加者のご協力を得て
ワークショップスタイルを取り入れました。

「全然眠たくならなかった」
「わかりやすかった」
私への一番のほめ言葉です。
こんなお声が聴こえてホッとしています。

が、約1名、「えっ、寝てる!」と気になった方が
いらして・・・今年度の授業にも2回来てくださった
札幌市内の弁護士さんでした!!

その後、家族会の5名、弁護士さん(I先生)と私で
一度行ってみたかった「斉藤ファーム」へ。
http://tabelog.com/hokkaido/A0101/A010204/1003070/

↑私も久々に書きました、食べログ。

発寒というまちにあります。サイロがあったり、薪ストーブが
あったりで、評判通りの素敵なカフェでした。

メニューはみっつ。ハンバーグ、ステーキ、ビーフシチュー。
これに飲み物やサラダなどを合わせます。
家族のお二人がワインを注文したのはけっこう不思議でした。
私は葡萄ジュース、これが濃厚そして芳醇というのか、
「ワイン?」と思ったほど。
余市のリンゴジュースがきれていたのが残念。

住んでるところと大学がまあまあ市内の中心部にあるからか、
そこからちょっと離れると私は地理に不案内で何もわからなくなります。
発寒とか琴似、読みかたわかりますか?
ハッサムとコトニです。
北海道の地名はおもしろいです!

内緒のお話も楽しかった。
ところが、ここでも気が付けば弁護士さんが寝ている!
それも何度も!
今週2度も東京に行かれたそうでとてもお疲れだったとか。
それなのにわざわざおつきあいくださって
申しわけないやら、ありがたいやら、です。

お目にかかるのは3度目なのですが、
「全然いばってないね」と家族会のお母さまたちに人気で
「いつもインスタントラーメンの人」として知られています。
みなさんから「お野菜食べなさい攻撃」でちょっとお気の毒でした。

帰りは地下鉄宮の沢駅まで家族のKさんに送っていただきました。
地下鉄の中で弁護士さんと断酒会の問題などを
お話しながら帰りました。

講演や出張など、怒涛の4週間がやっと終わり
ぐったりしています…。

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »