« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

2014年10月24日 (金)

旭川に行ってきました

旭川に行ってきました。
昨日(10/23)の講演、行ってみたら・・・なんと・・・
え~っどうして?!

今回の主催者さんは(共催者さんも)断酒会とは
関係ないのに、一番に来てくださった数名は
旭川の断酒会のみなさまがた。
なんというサプライズでしょう。

そして講演が始まってから会場に
4人の姿。
え~っ、え~っ、どうして?
札幌の断酒会のみなさま。
特急で1時間半かかる旭川へ?
(車で来られたそうです)

なんと私をびっくりさせようと思って、
とのことでした。二つ目のサプライズ!
いや、びっくりしました。

加えて一昨年お世話になった相川記念病院の
看護師長さん(とっても素敵な方で大好き)と
臨床心理士さんも(2年前に私の隣でお寿司食べてた人)!

このお二人には今日もお会いしました。
相川記念病院をお尋ねしたのです。
お話しできてうれしかったけど、ランチの時間を
奪ったのではないかと心配。

相川病院では相川先生と
ゆっくりお話しすることができました。
理事長室はユーカラ織りのものと
デイケアで編まれた毛糸のカバーなんかが
あふれていて相川先生のおやさしさでいっぱい。

院長のN先生や事務長のKさん、職員のKさん
みなさまにあたたかくお迎えいただき
恐縮、恐縮。

この病院、「トップがよければ、みんなが幸せ」ということを
表しているような病院で私は大好きなのです。

帰りにお世話になったタクシーの運転士の方まで
「いつも患者さんがいっぱい、
いい病院は患者さんが一番知っているんだよ、
その次は私たち(タクシーの運転士さんたち)」
と教えてくださいました。

京都で病気になったとき
タクシーに乗ってから
「いい病院に連れてってください」と
頼んだこと思い出しました。

2014年10月19日 (日)

小さな目

ここ数日の児童虐待のニュースで、
両親から鎖でつながれた子供さんのケースがありました。

学校や行政が虐待の情報を把握しながら、具体的な方策を示さず
この子供さんを救ったのが、この様子を目撃した
近所のお友達(子供さん)だったということ、心に残ります。

問題を問題として認識する、このような小さな目こそが
何かを変えていくのだと感じています。

それが専門職のみなさんの目であっても
隣人の目であっても、子供さんの目であっても。
何かを見「慣れ」ることによって
何かを見なかったことにするって怖いですよね。

大きな国際問題や社会問題について
実害のない意見や論考もどきを発信することには積極的、
しかし身近にある小さな紛争や
何かに心をいためている隣人について
少しでも実害が及ぶとなると手を貸さない、さしのべない、
一旦さしのべた手をふりほどく・・・
こんな姿勢があふれているコミュニティに生きるのは不幸、
そんな気がしています。

2014年10月 5日 (日)

断酒会と社会をつなぐ家族の役割

タイトルは
10月4日土曜日に釧路で開催された
前日行事「家族の集い」でお話をさせていただいた
際のタイトルそのままです。

何の前日行事かというと
「全日本断酒連盟第51回全国(釧路)大会」です。

去年はシカゴ、シアトルの帰りにそのまま成田から
飛んだ沖縄で開催。あれから1年経ったのですね!

沖縄で一緒にお弁当を食べたS垣さんから
紫芋のタルトをたくさんいただきました。
当日の夜、家族のみなさまによる
秘密の「女子会」に参加することになり(ちょっとコワゴワ)
そのタルトを持参。
みなさん、とっても楽しそうだったなあ!

遠い釧路まで、福岡県のみなさん、大分県のみなさん、
宮城県のみなさん、岡山県のみなさん、東京のみなさん・・・
よく来られたと思います。

私は札幌から飛行機で行ったのですが、
釧路「空港」も霧で有名だということ初めて知りました。
着陸と思ったら、視界不良でまた上空へ。
そのまま30分くらい旋回して再度トライ・・・無事着陸。

私、こう見えても、すごい「晴れ女」なのです。
新千歳空港で「引き返すか近隣の空港に着陸の可能性あり」
のサインが出たのですが、
「大丈夫、大丈夫、私がいれば大丈夫」と楽観。
だって、五島列島でも欠航続きの春の時化(シケ)の日々、
私が乗る便だけ出航、「ほらね」って感じだったのです。

ところが今回、飛行機が上空に向かい始めたと同時に心身ともに
ダウンし、釧路のホテルに着くやいなや(午後6時頃?)
そのままぐったり。朝まで眠っていました(びっくり)。
まあ、私が乗っていたからこの程度ですんだのかも。

実は今回の講演、ピンチヒッターでほんの数日前に決定。
うーん、ヒット打てたかどうかは別の話。
「わかりやすい!」というお言葉を多数いただけたのは
とてもうれしかった…来ていただいた全員に伝わる内容を
目指しています。

とにかくヒヤヒヤでした。

残念だったこと・・・観光がまったくできなかったこと、
特に市場に行けなかったこと、
世界三大夕陽(!)を見逃したこと。

東京のY木さんと入れ違いで会えなかったことの他、
何人かの人たちと会えなかったこと。

大分のM山さんの奥様から、「チョコを食べて」と
追いかけられたこと、他、なぜかお菓子攻撃・・・。

あ~疲れた。

みなさん、またどこかでお会いしましょう。

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »