« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014年8月31日 (日)

花言葉は「悲しい別れ」

アイフェイオンというお花の名前を聞いたことがありますか?
ハナニラならどうでしょうか?

よく古い(私の経験ではなぜか古い)おうちやお寺の
土のスペースで
きれいなグラウンドカバーのような役割を果たしている
薄青の小さいお花です。
群生しているアイフェイオンはとてもきれい。

それで私もアイフェイオンを少しばかり植えてしまったのですが、
この花の花言葉が「悲しい別れ」だと知ったのは
本当に身内との悲しい別れを経験してからのことです。

偶然なのでしょう。
しかし、以来、花言葉がとても気になるようになりました。
占いとか、血液型とか、まったく信じないのに。

まあ、チューリップとかバラとか、色によって花言葉が変わるものは
気にせず楽しんでいるのですが。

今週はとても若くして他界した身内の命日を前後して
朝に晩にと色んなことを思い出すことになりそうです。

2014年8月23日 (土)

スケート界のキス問題はセクハラ? もし大学だったら?

話題になっていることは知っていましたが
今日、たまたま、その写真を見てしまいました。

こ、これは・・・。

スケート界では[あたりまえ」だそうですが、
誰がこんなの「あたりまえ」にしたのでしょうか。
「お酒が入っていたから」って、そんなの理由にならないでしょう。

私は、しょっちゅうじゃないけれど、欧米に行くことがあります。
アメリカに滞在していたこともあります。
つまり、言いにくいけど(書きにくいけど)
日本にはまあないと思われるキスやハグの文化には
多少なじみがあるわけです。
そうでなくても映画やテレビなどでわかることだと思うのですが・・・。

話題の写真みたいなキスって、
それなりのheartの関係でなければ、ほとんどないような・・・。

私は海外にいてもこんなキス、誰にもしたことありませんよ。
ハグはなぜか海外でなら恥ずかしい気持ちはどこへやら
けっこうすることはあることにはあります。
日本でもハグってたまに、たまに見かけるようになりましたよね、
ハグは、ですよ、ハグ。キスではない。
私の最近のハグは定年退職なさるドイツ人女性の方に
お別れのご挨拶に伺ったとき。

とにかく、写真を見てしまって、「あーびっくりした」状態です。

これ、もし、日本の大学だったらどうでしょうか。
大学の役員が教職員や学生にこんなことしたら?
役員じゃなくても大学の教職員が学生にこんなことしたら?
りっぱなハラスメントです。

大学にはキス・ハグ文化圏からやってきた人たちも
いますよね。
でもありません、こんなこと!
お酒の席であろうがなかろうが。
あったら大変。

いや、欧米の大学でもないよ、こんなの。

スケート界では「あたりまえ」って、なんというか、
今流行の国際化とかグローバル化を大きく超えたキス・・・。
海外のコーチだってここまでのキスはしないでしょう
(と私は思います)。

もし私がその場にいたらイヤ~な感じ・・・。
同席した人たち全員がいい気分で見守っていたとは
とても思えません。
大ちゃんが、どんなコメントしようとも
りっぱなハラスメントですよ、これ。
セクハラでもあり、お二人の立場を考えるとパワハラでもある。
そして「処分なし」っていうのはスポーツ界に蔓延する
モラハラ・・・モラルハラスメントといえるでしょう。

誰がどう否定しようとも大ちゃんにも気付いてほしい。

すべてのスポーツ選手にも指導者のみなさんにも
ハラスメント研修を受けていただきたいと思ったことでした。

上、ちょっと修正して下記のブログへのコメントとさせていただきました。

http://inotoru.blog.fc2.com/blog-entry-1117.html

「橋本聖子参議院議員(自民党道連副会長)と高橋大輔氏のセクハラ問題 
日本社会の上下関係」

2014年8月18日 (月)

伊能忠敬とその弟子たち

伊能忠敬の蝦夷地図、間宮林蔵のデータで描く?

今日、目についたニュースのタイトルです。
で、なぜ、カテゴリーが『お酒を手にした未成年のあなたへ』と
「断酒会」かというと・・・以下の通り。

ここ2年ほど、五島列島福江島と中通島の断酒会をお訪ねして
きました。で、あちこち歩きまわるのですが・・・
福江島の中心部に宗念寺(そうねんじ)というお寺があります。

ここに坂部貞兵衛惟道という伊能忠敬の右腕だった人の
お墓があるんです。どうぞどうぞ検索してみてください。

今でも、博多から船や飛行機で五島に行くのってちょっと大変。
1813年に五島の測量のために伊能忠敬の本隊と分かれて
支隊の隊長として五島入りってすごくありませんか?

連日の無理な測量がたたって、若松日ノ島から福江島に
移送され療養、
「駆けつけた伊能忠敬らに看取られながら43才の生涯を
閉じた」って宗念寺の説明にあるんですけど、
「駆けつけた」・・・え~っ?

「五島藩は、貞兵衛の死を悼み、
三日間市中の歌舞音曲を止めさせた」
だそうです。

訪ねる人もほとんどないお寺のこの説明書きの前で、
胸がいっぱいになります。
いや、お盆の時期は訪ねる人、多いかな。
貞兵衛さん、ご家族はいらしたのかな。
だとしても五島までのお墓参りも叶わなかったでしょう。

秋川さんの「千の風になって」という歌を思い出します。

伊能忠敬のお弟子さん、いったい何人くらいいたのでしょうか。
私も加わりたかった・・・と思ったりします。

あ、記事には間宮林蔵はお弟子さんじゃなかった、とありますね。

しかし、今のスマホの指でスイスイのmapなんて見たら
どう思われるでしょうか、測量隊の人たち。
私は紙の地図のほうが好きだけど。

そうそう、シアトルにはMetsker Maps という
古い地図専門店があります。
シアトルに行ったら必ず必ず立ち寄るお店です。
なんとシアトル(タコマ)の国際空港内に支店がオープン。
本店ほどの風情はないけれど、のぞいてみる価値ありです。
日本の古い地図も置いてくれたらいいのに。
目玉商品になること間違いなしだと思います。

2014年8月17日 (日)

山崎ハコさんの「ざんげの値打ちもない」と「織江の唄」

職場メールアドレスへの連絡に返信をしながら
つけっぱなしにしていたNHKBSをチラチラ観ていた。
「奇皇后」→「そこをなんとか」からの流れです。

南こうせつさんの司会の歌番組のようで、
突然、私が昨年聴いて「うわあ」と思った
「ざんげの値打ちもない」という歌がながれてきた。

山崎ハコさんが歌う「ざんげの値打ちもない」―
私は歌の上手、下手というのがあまりわからないのだが、
表現力というのか、伝える力がすごいと思った。

それにしても、この歌、もう、どうにもこうにも、せつない。

次に歌われたのが、
「しんちゃん、しんすけしゃん」という問いかけとか
筑豊の炭鉱あたりの地名が出てきたから
「織江の唄」だろう。

この「しんすけしゃん」と「織江」っていう名前を
(私が忘れないくらいだから)
多くの人の心に刷り込んだのは、原作ではなくて、
大竹しのぶだと思う。
やっぱりすごい女優さんなんだな。

どちらの歌(唄)も、
ただ、ただ、人恋しいという、
愛以前のような、愛以上のような、
理屈じゃない欲求を思い出させる。
思い出すほどの経験もないけれど、なんとなく。

2014年8月16日 (土)

他人様(ひとさま)の話を聴くことは自身の心の声を聴くこと

とてもまじめな話です。
いや、いつもまじめなんですけどね、今日は特に。

色々と他人様にご助言を求めることがあります。
多くの場合、一回で終了。
でも、また伺いたいと思うこともあります、めったにないけれど。
そんな人のこと、やはりどこかで、心から尊敬できる部分があるのでしょう。
「あ、この人のこと、好き」という気持ちも。
いつか終わりがくるのだと思いますが、そのときを想像するのは怖いです。
相手から「もう終わり」というメッセージを感じる場合もあるでしょうが、
私が怖いのは、私自身が「もうお話を伺いたくない」と思うときがくること。
他人様にがっかりするって本当に毎回それはそれは、
いやな、どんよりした気分が続くことになります。

まあ、多くの人間関係というのはこんなものなのかもしれません。
こんなことの繰り返しかもしれません。

そして、こんな私にも「話をしたい」と思ってくださる方もあるようです。
これは私個人の資質ゆえではなくて(それはわかっています)、
仕事柄。

相手が18歳とか19歳とかいった場合には、特に、とても慎重になります。
もちろん、本来は年齢とか関係なく相手に寄り添うことを第一に
考えたいものですが。
私自身が18歳とか19歳のときに、本当に何をどうしていいか、
どうしようもない気持ちのなかで毎日をやり過ごしていたからかもしれません。

今はどうかと考えてみると、本質はどうもそう変わっていないような気もします。
「これは言葉に出して言わないほうがいい」「これは言っちゃいけない」
ということはさすがに増えましたが、気を抜くと出てきます。

私に何かを話そうと思ってくださった学生さんの言葉のひとつひとつが
とてもせつなく、受けとめることしかできない、ということばかりです。

でも、まあ、しかし、「私でよかったら、いつでもどうぞ」ということ、
それだけは伝えられたらと思います。
できれば、その「いつ」を具体的に。

・・・タイトルにも書いたように、他人様から何かを問われるとき
自身の考えが引き出されることによって、
「私ってこういうことを考えていたのか」と思うことがあります。
これ、私だけでしょうか、なんだか恐竜みたい、恐竜に悪いけど、
鈍感なんでしょうね。いつも苦心しつつ引き出します。

今日は、頭のどっかの引き出しから、「無知の知」を引っ張り出しました。
高校のなんかの教科書で知ったソクラテスの言葉です。
私が言うことなんて、あまり受けとめてもらえないでしょうが、
ソクラテスさんの言葉だったら「ふーん」くらいは思ってもらえるかも。
私が昔思ったように。

そうそう、メールの場合、ニュアンスを伝えることがとてもむずかしくて、
忙しいとき、不在のときは、
「いついつは不在ですが、この日以降だったら大丈夫」という
言葉で終わることを心がけています。
小さなことですけどね。
私にできる数少ないことの一つです。

断酒会のひとたちって(残念ながらみんなじゃないけど)
「こうしなさい、ああしなさい」じゃなくて、
「私はこうだった」で終わるんです。
このスタイルも参考にしています。
最良なのかどうかはわかりませんが
私にとってもっとも心地よい助言のあり方だから。

2014年8月14日 (木)

切り貼り、故意でなくても不正・・・100年前からあたりまえ!

画像切り貼り、故意でなくても不正…基準例示へ

読売新聞 8月14日(木)12時36分配信

・・・みなさんはこれを見てどう思われますか?

これ、今日のネットのニュースの見出しなんだけど・・・。

私は言いたい。

そんなん100年前からあたりまえやっちゅうねん!(ある人のまね)

いや、最初から、小学生(高学年以上かな)でもわかること。
何を今さら・・・熱出てきそう。

・・・しかし、現実には、こんなことものすごく多いことを実感しています。

私のような無名の人間が書いたものだって不正に引用されたり
(まあ、盗用です、はっきり言うと)するんですよ!
いや、私が無名だから、でしょうか。えらい人からはやらないし。
恥ずかしくないのでしょうか。

あるときには、私が書いたものをそのまま、私の名前だけを消して
発表されたことがあります。さすがにそれはご本人に連絡しました。
それでも誠実な対応はありませんでした。

学術論文や発表じゃなくても、こんなことけっこう多いんです。

例えば、断酒会関連の講演会や研修会で、スライドや資料などに
参考文献があげられていないとき、
出典の明示がないとき、
どうぞみなさん、「参考文献は?」と聞いてください。
いや、もう、誰かを講師として呼ぶときには
事前に「適正な引用、出典の明示などにご協力ください」と
ぜひ一言どうぞ。
本当は「ご協力ください」じゃなくて、「常識だぞ」なんですけどね。

あとね、多いのが、「孫引き」・・・。
もうこれ注意するのは無理なのでしょうか、ねえ。ため息です。



2014年8月13日 (水)

甲子園 の おにぎり 女子 マネージャー に 思う

なんか高校野球見ていると必ず「かわいい」女子高生がアップになる。
そして今日は「おにぎり2万個の女子マネ」が話題に。

特別進学クラスから普通クラスにうつってまで
野球部の男子のためにおにぎりをにぎったとか。

かわいい女の子の自己犠牲が美談になっている、
・・・というのが批判の対象になっている、
興味深い・・・。

ちょっと他人様の美醜を口にするなんて、はしたないが、
私は一般の「かわいい」の基準がよくわからない。
メディアのプロカメラマンさんが選んだのだから
多くの人にかわいい人と映るんだろう。
まあ、「かわいくない」とかは全然思わないけれど。
写真の笑顔はすてきだと思う。

しかし、

もし、私がこの人だったら・・・(あり得ない話だけど)
手指に刺激を与えてこんなふうにたくさんのおにぎりにすることで
記憶力アップにつながり、入試に有利になる、とか言うけどなあ。
実際、そうかもよ。

きっと「それだけ応援してるんです」って言いたくって
高揚して、口が滑っただけなんじゃない?
そんな人、たまにいる。

それにしても女子マネージャー・・・
高校でも大学でも、なんで複数の男子のために働くんだろう。
私にはわからなかった。今も実はあんまりわからない。
そしてなんで「かわいい」女の子ばかりが歓迎されるんだろう。
「かわいい」うえに献身的・・・これがいまだに社会から求められているって
ことか。
ある意味では見返りを求めない心が美しい人たちなのかも。

もし、私が、「やってくれ」と言われたらどうしていたかなあ。
他人様に求められるなんて、やっぱり一瞬うれしくて、
でも三日坊主なのですぐやめたと思う。

おにぎり2万個・・・と考えて電卓をたたいてみたら
1日54.8個。え~っ、そんなに大した数字じゃないじゃん。
・・・なんて書いたらしかられるのでしょうか。
やっぱり、「進学をあきらめて」なんて、きっと冗談だったんだよ。
おにぎりをつくりながら、頭の中で昨日の授業内容を思い出したり、
何かを暗唱すようなこともじゅうぶんできる。

ところで、大阪○○大学に非常勤講師として出かけていたときの話。
非常勤講師室の秘書の方からおいしいおにぎりのつくりかたを
教わったことがある。

普通は、まず、手のひらを水でぬらして、そこにお塩をつけて
ご飯をおにぎり(おむすび)にするでしょう?
それが、その方がおっしゃるには、

1  ご飯をボールにとる。.
2. そこにお塩投入、ご飯によく混ぜる。
3. おむすび(おにぎり)の形に。

これは私にとって目からウロコの情報なのでした。
確かに、塩味がご飯に均等にいきわたるし、先にご飯がある程度
冷めるので、かたさを手加減しやすくて、おいしくできあがる。

女子マネさん、じゃない、男子よ!
この方法で自分好みのおにぎりをつくってみるといいよ!
コンビニのおにぎり(私、苦手)より、何倍もおいしいです。、

 

2014年8月10日 (日)

奇皇后に夢中!

「奇皇后」を観た。
私から観てもなんてキュートでセクシーなんだろう、
このヒロイン。
日本の女優さんだったら・・・と考えているのだが・・・
いない、いない、こんな人。
りりしくて、ボーイッシュで、後の皇后として美しくもないといけない。
テレビ画面からみる限りだけど、
たぶん女性が女性に憧れる要素を全部もっているんじゃないか。
(男性にも女性にもあまり憧れないのでわからないけれど)

それにしても今度のは男性陣に魅力的な人がいないなあ。
再放送の「太陽を抱く月」の王様か陽明君様をまわしてほしい。

それにしても韓国歴史ドラマってなんでこんなに面白いんだろう。
(韓国の現代恋愛ものはさっぱりわからないけど、私)

最近、大河の何倍も楽しみ。

ただ、ただ、ただ、同じ声優さんたちが活躍しすぎだと思う。

2014年8月 9日 (土)

原爆投下の日に思う―「夢でよかった」

今日は長崎に原爆が投下された日。
毎年のことだが、この日、前後の数日には
特に色々と思うことがある。

「夢でよかった」は『お酒を手にした未成年のあなたへ』の
1通め、五島列島福江島からの手紙のタイトル。

これは今72歳の男性のお話。
かくれキリシタンの子孫であり、4歳のときに長崎で被爆した方である。
このご家族の苦難を聞き取らせていただいたときには
私自身の資料収集の「運」というものがあるとすれば
その半分を使い果たしたような震えがきた。
(残りの半分の、そのまた半分は初めての著書の資料、
まだ使っていない25%は今後のためにとっておこう)

かくれキリシタンということも、被爆者ということも
簡単にお聞かせいただけることではないからというのもある。
お話をお聞かせいただいた前年には、お願いしたけれど
会っていただくことも叶わなかったからというのもある。

この方からの「手紙」にあらわしたのはこの方とご家族の人生の
アルバムのほんの1枚の写真のようなもの。
ネットに全文公開しているので、他の手紙とともに
ぜひ読んでいただきたい、と思う。
URLはこのブログのトップページご参照くださいませ。
------------------

今年の5月5日に、私の祖母、父、そして私、三代に渡って
とてもお世話になった方が他界した。
祖母が祖父と結婚したのが「再婚」だったということも
この方から教えていただきびっくり仰天したものだ。

この方(女性)に、たまたま、本当に恐ろしい偶然で、
この3月にまる1日昔話を聞かせていただく機会があった。
この日まで知らなかったのだが、この方は被爆者だったのだ。

当時、ご主人が長崎の三菱重工の技師で、お嫁にきて、
生まれて1年の子供の面倒をみていたそのときの原爆投下。
子供を背中におぶってご主人を探しに行かれたそうだが
一面焼け野原で、黒焦げになった死体をよけながら歩く際、
地面からは地獄のように煙がいくつもたちのぼっていたそうだ。
暑くて、熱くて、背中の赤ちゃんが生きているか、死んでいるかも
わからなくなったそうだ。
水を飲みたくて飲みたくて、鉄管から水がもれているのを
「飲むな」と言われたのに飲んでしまったそうだ。
そして赤ちゃんにおっぱいをあげたのだ。

見つかったのはご主人の指の先だけ、それも本当にご主人の
ものだかどうだか、ということだった。

当時21歳の彼女、よく赤ちゃんを連れて生まれたまちに
戻ることができたものだ。この人が「夢でよかった」の
男性を知っていると伺って、これまた驚いたものだ。
-----------
今、彼女が背中におぶっていた赤ちゃんは
私のお母さん兼お姉さん兼おばさんといったところだろうか。
先ほど、この人が住むまちに電話をかけて
被爆者代表の城臺美彌子(じょうだいみやこ)さんの
スピーチについて、
他の方々のご体験について、
・・・などなど、原爆の日の話をしたところです。

ぜんぶ、ぜんぶ、夢だったら、どんなによかったことか。

2014年8月 5日 (火)

旭川小売酒販組合さんが!

旭川小売酒販組合さんがHPに
『お酒を手にした未成年のあなたへ
―断酒会会員と家族からの手紙―』をアップしてくださいました。

http://www.asahikawa-sake.com/

ありがとうございます。

札幌国税局さんとの連絡もばっちり。

10月に旭川をお訪ねすること、とっても楽しみ!です。

2014年8月 4日 (月)

ドラマ「かたりべさん」にちょっと違和感 & 黙祷

NHKBSで恐らく再放送だと思うけど
ドラマ「かたりべさん」というのをやっていた。

え?え?ちょっと!
主人公の二十歳前後の男女がいつのまにかベッドに?

ちょっと見逃しているシーンがあるかもしれないが
男の子が上半身はだか、女の子がTシャツ・・・。

・・・別にベッドシーンにきびしいわけでもなんでもないが、
必要?このシーン?

ちょっと違和感。

内容は多くが伝わるものだけに、ちょっと残念に思うのは私だけ?

「原爆のおかげで戦争が終わったんだ」という若い米国人男性。
こんな声は残念ながら多い。
24歳の頃だと思うが、シカゴ・トリビューンのコラムニスト、
ロイコが書いていたコラムを読んでいたら、やはりこれに似た
くだりがあって、おなかのあたりが痛くなったことを憶えている。

違うよ!リースマンの『政治について』の最初のページ、読んでよ。
あの原爆は「われわれの敵は黄色いサルだったことを証明した」だけ、
なんだよ。

・・・ドラマの一部についての違和感は別として、
色々思い出した。
広島にも行かなければいけないなあ、と思った。

8/6と8/9には黙祷。

2014年8月 3日 (日)

日曜日のランチ 日曜日のテレビ

今日は第一日曜日、札幌では月に1度の断酒会家族会です。
家族会で配布していただきたい資料があったので
家族会が始まる前に家族会のお二人とランチということに。
断酒会主催のイベントの打ち合わせもかねて。

人生の先輩お二人にいつも色々と教わるところがあります。

ランチの場所は家族会の場所(中央区民センター)近くの
魚一心ROBATA。
お寿司12かん、天ぷら、茶碗蒸し、お味噌汁で1,000円、
関東、関西ではあり得ないお得なランチです
(あったらごめんなさい)。
これに食後のソフトクリーム(おいしい)とコーヒーを別料金で。

問題は、私には食べられないネタが多いこと。
あんまり色々言って嫌われたくないので、
「マグロがダメなので、きゅうりか玉子にかえてください」と
お願いします。
しかし、遠慮だと思われるのか、なぜか、きゅうりではなくて、
サーモンとか、他のお魚がご飯のうえにのってきます。

家族会のお一人がサーモンを食べてくださいました。
焼いた鮭は大丈夫なのですが・・・。

もうお一人は私といっしょでNHKBSの韓国歴史ドラマが
大好き。「馬医」が終わって意気消沈していたのですが、
今日から始まる「奇皇后」に期待です。
主演は「シークレット・ガーデン」でキュートなヒロインだった人。

最近、楽しみなドラマがなかったのですが、
しばらくは日曜日がちょっと楽しみです。

録画で観る「ラスカル」(好きなんです)
6PMの大河(夕ご飯の準備しながらの習慣)
10PMのプレミアムドラマは私の好みであれば(あんまりないけど)。
今日から始まる「そこをなんとか2」に期待しています。
全然期待していなかった「そこをなんとか」がまあまあ面白かったので。
まあまあ、です。亀治郎さん(猿之助さんになりましたね)を
観てしまうんですよね。
全部、色々なことをしながら観ます。「ながら仕事」ばっかり。

さあ今週~来週、試験の採点やら何やら。

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »