« 起きてみたら翌日でした・・・! | トップページ | Frozen »

2014年6月 6日 (金)

食材の産地はどこ?

今度、授業に来てくださる断酒会の方と家族会の方、
それから『お酒を手にした未成年のあなたへ』を読んでくださった方々と
お昼をご一緒することになった。
みなさん、私にとってとても大切な人たち。楽しみ。

来てくださるなかに食材の産地や放射能情報に関心のある方が
いらして(外食のときはあきらめていらっしゃるそうだが)、
お誘いした以上は、少しでも安心してお楽しみいただきたい。
そこで、いくつかのお食事処に問い合わせてみた。

私自身は、あまりこだわってこなかったことだが、
けっこう発見があった。
まず、誰にとっても安心できる「食」を提供するという意識が希薄な
管理者が少なくないということだ。

電話で問い合わせてみると、あきらかに困惑した様子で、
「上のものにかわります」という場合もある。
電話に出てきた「上のもの」さんの対応も様々。

「○○料理の食材は多岐に渡り、すべての食材の産地情報を
調べるとなると膨大な時間がかかる。お客様の身体に
悪い食材を使用するはずがない」(とっても感じはよかったけれど)

放射能情報に関係なくても、なぜ産地情報をササッとおしえて
くれないの?近所のスーパーでも「とうもろこし(宮崎産)」とか
表示してあるし、玉ねぎだって、佐賀産、道内産、○○産と
産地情報が示してあるけれど。

九州産、四国産、などの大まかな情報でもいいのに。

もう一つ不思議なのはビジネスセンスの欠如。
「食材の産地情報について明示するレストラン」というのは
それだけで、ある種の顧客を獲得できるビジネスチャンスにつながるはず。

産地情報に関心のある人たちはいつもこんな人たちの
対応にうなだれているのかもしれない。お気の毒。

私にとっては、
ただただ、お金を支払ってサービスを享受しようとしている
お客の簡単な質問に簡単に答えられない、答える努力もしない、
素朴な疑問をクレームのように扱う、
そんなマネージャーやスタッフがいるお店、魅力ない。

逃がした魚は大きいぞーっ!

« 起きてみたら翌日でした・・・! | トップページ | Frozen »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1969349/56432057

この記事へのトラックバック一覧です: 食材の産地はどこ?:

« 起きてみたら翌日でした・・・! | トップページ | Frozen »