« Frozen | トップページ | バンクーバーの朝 »

2014年6月 9日 (月)

朝食の時間

シアトルの空港近くのホテルで一晩を過ごし、
翌朝の朝食会場へ。
無料の朝食ですが、まあまあいいほうではないでしょうか。

私は朝から必ずあたたかいものがほしくなるので
ワッフルが焼ける鉄の専用パンの前に立って他に何があるか眺めていました。
スクランブルエッグにローストポテト、
牛乳に果物、オートミールなど。

すると、横から、「これ、どうやって焼くんですか?」と日本語。
何やら感じのいいちょっとご高齢の女性の方でした。
「お一人?一緒に食べましょう」と誘ってくださり
ご主人様(のいい言い換え表現ってなんでしょうか)、
お連れ合いの方が待つお席へ。

30年くらい前にシアトルに住んでいたから来てみた、
もうこれが最後・・・とのこと。
このお二人、とおおおおっても仲がよくて・・・。
時々、電車の中で見かける20歳前後の、ある意味で、
仲が良すぎるカップルは観ていてあんまりいい気持ちしないのですが、
70~80になっても仲がいいカップルって素敵です。

しかし、なんでしょう、この既視感。
私にはよくこんなことが起こるのです、日本の高齢ご夫婦に
「一緒に食べましょう」と言われることが。
まあ、何か話のタネにしようとされているのかな。

娘さんから頼まれた、とあるブランドのTシャツがどこで
買えるかという話から、お買い物の話になりました。
私はアメリカでは、時間があるときには、
履き心地のいい靴を見つけにいくことにしている、と言ったところ
(そういえば最近はそんなこともしていません、アマゾンの利用ばかり)、
「履き心地のいい靴のこととか知らないから教えて」という話になり、
私がよいと思うもので、簡単に見つけていただけそうなものを
一通り説明させていただきました。
サンダルとかゴム草履ならTevaとかreef、
メフィストは日本にもあるけどどこで買うにも高すぎて、とか。

「それは?」と私が履いている靴を指をさされて・・・。
easy spiritという気持ちのいいウォーキングシューズです。
日本では見かけたことないので(どこかで売ってるのかな?)
いい情報提供ができて、ちょうどよかったです。

履き心地のいい靴って大切ですよ!人生にもご旅行にも!
この先もよいご旅行を。

« Frozen | トップページ | バンクーバーの朝 »

ただいま出張中」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1969349/56475938

この記事へのトラックバック一覧です: 朝食の時間:

« Frozen | トップページ | バンクーバーの朝 »