« I have everything! | トップページ | 旅先での孤独 »

2014年6月16日 (月)

あるAAミーティング

とにかく歩いている。Img_3214_4

と、何やら左足に違和感を感じた。
私は歩くことにかけてはめっぽう強くて、
足の問題に(も)なんだかうとい。

最初、靴擦れかなと思ったら、どうも違う。
腱をどうかしちゃったかな?
足首から上、ふくらはぎの下半分が
かちんかちんで痛い。

靴のせいかと思って、ダウンタウンの
Rackで20年ぶりくらいにBirkenstockの
サンダルを買うという散財。
だって、かかとから痛いし、
ゴム草履は寒いし。まあ2割引きだからよかった。

この足で番地を手掛かりに歩き続けるのはつらい。
30分くらい?40分くらい?歩いただろうか。
探していた番地が見つかった。

え?教会?
北米にはたくさんの教会があって、教会教会した建築なら
すぐわかりそうなものだが、普通のビルである。これはわからない。

中に入ると、奥のほうに「AA(会場)」の札がかかっていた。

「こちらはオープンだと伺いましたが、今日、参加させてもらって
いいですか?」で始めて簡単な自己紹介。

15名ほどの集まり。「へーっ」と思ったのはワンコ(犬)連れの参加者。
あまりにおりこうさんなので写真を撮らせてもらった(犬だけ)。

空の大きなカテージチーズの容器がまわってきて、それが献金入れだった。
1ドル札を1枚。

最初にも、最後にも、ニーバーの祈り。最後は立ち上がって手をつないで。

いつも思うんだけど、ラインホールド・ニーバーは自身の言葉が
AAやAFGでこんなに唱えられていることをどう思っているのだろうか。
知っていたのかな。
第二次世界大戦中に兵士の間で広まったとも言われているが。

お世話になったロバート・ウッド先生はニーバーのTAを務めたことが
あったそうだ。バードウェル・スミス先生はニーバーの弟とともに学んだとか。
なんだかアメリカって広いようで狭い(ようで広いんだけど)。

ここ、ワシントン州シアトルでは、市内だけで毎日150のミーティングが
開かれている。

・・・それにしても足が痛い!

« I have everything! | トップページ | 旅先での孤独 »

ただいま出張中」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

断酒会」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1969349/56536977

この記事へのトラックバック一覧です: あるAAミーティング:

« I have everything! | トップページ | 旅先での孤独 »