« 「セクハラやじ」とやらに思う | トップページ | ニュースリリース by サッポロビールさん »

2014年6月29日 (日)

「セクハラやじ」とやらに思うー(2)

前回に追記です。

私はこの件を女性の問題としているところにも「?」なんですよ。
質問とやじの内容からすれば「産む性」が攻撃されているわけですが、
当該の都議が暴言により攻撃されたのは、「(都議会では)弱い立場」の
人だったからではないかと眺めています。

被害者である都議が反射的に言い返さなかったこと、
これが批判されていることに首をかしげたくなります。
男女問わず、議員であれば、質問・答弁中であっても、
下品なやじに聞き耳を立てて、御さねばならないのでしょうか。
誰だって愕然としてしまうやじというものもあるのではないでしょうか。
そんなときに議長は何をしていたのでしょう。

また、不思議なのは、もしこれを女性の問題としてとらえるとしたら、
女性都議(都議でなくても女性の議員さんたち)は何をしていたのでしょうか。
また、何をしているのでしょうか。
所属の党や会派を超えて綱紀粛正を求めるべきではないでしょうか。
そして男女問わず、暴言の主を知っている都議は沈黙すべきではない
と考えます。議会全体の問題であること、今や社会全体がこの問題の
成り行きを見守っていることを認識していただきたい。

さて、選挙期間中に多くの候補者が「いじめをなくそう」というフレーズを
繰り返します。今回の一件を眺めていると、「セクハラやじ」という
いじめ・ハラスメントに始まり、被害者の被害そのものに目を注ぐことが
できず、被害者その人にいじめにあっても当然だという理由を見出そうと
するいじめ・ハラスメントがあり、さらにはどんなことがあっても無言・傍観を
つらぬく不作為のいじめ・ハラスメントがあり・・・
「いじめをなくす」どころか、「いじめを助長する」ようなシステムの温存が
得意な議員さんであふれているように見えます。

・・・のようなことを、前回の日記に続き、たまに読ませていただく
他の方のブログにコメントしてきたところ。
他の方のブログには熱心に書く、という不思議さ。

« 「セクハラやじ」とやらに思う | トップページ | ニュースリリース by サッポロビールさん »

ニュース」カテゴリの記事

ハラスメント」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1969349/56648188

この記事へのトラックバック一覧です: 「セクハラやじ」とやらに思うー(2) :

« 「セクハラやじ」とやらに思う | トップページ | ニュースリリース by サッポロビールさん »