« 仙台は78年ぶりの大雪 | トップページ | 宮城県断酒会の事務局へ »

2014年2月11日 (火)

第12回宮城市民セミナー@東北大学片平キャンパス

3年連続で宮城市民セミナーへ。
会場はいつも同じところなのに「さくらホール」に
たどり着くまでに何度か道をおたずねした。

いつも思うのだが、キャンパス内の学生さんが
とても親切。道をお尋ねするとわざわざ自転車を降りて
さくらホールが見えるところまでご一緒してくださった。
(一昨年も同じことを経験)

自転車に乗っている人に道をお尋ねする私も私だが
大学が休みの日なのであんまり人が歩いていないのだ。

テーマは「震災から3年経過してのネットワークづくり」。
あまり表には出てこないが、断酒会会員のみなさまが
仮設住宅等での酒害問題対策にお力を尽くしていらっしゃること
もっと多くの人に知ってほしい。

・・・ところで、初めてお目にかかった人に
「いくつですか?いくつ?」と年齢を聞かれてまいった。
私は年齢だけではなくて、こういった質問からは逃げたくなるのだ。
最後には「干支だけでも」って、なんでしょう、これ。(苦笑しています)

見ての通り、女子高生でもなければ、後期高齢者でもない。
それでじゅうぶんではないのだろうか。

« 仙台は78年ぶりの大雪 | トップページ | 宮城県断酒会の事務局へ »

断酒会」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1969349/54975535

この記事へのトラックバック一覧です: 第12回宮城市民セミナー@東北大学片平キャンパス:

« 仙台は78年ぶりの大雪 | トップページ | 宮城県断酒会の事務局へ »